日本のオリーブ栽培発祥の地、香川県小豆島。世界が認めたオリーブオイル生産者をご紹介。

>ここがスゴい! 香川県小豆島のオリーブオイル

オリーブの苗木が香川県小豆島に植えられてから100年余り。
この100年は、オリーブが食や化粧品として
暮らしに身近なものになるまでの苦節の100年とも言えます。
生産者がなんとか栽培を続けようと努力を重ね、築き上げた基盤があってこそ、
昨今のブームの波をとらえた品質と独創の高めあいが可能になっています。
切磋琢磨している様子を少し見てみましょう。

詳細
01
1907年(明治40年)に、農商務省の指定を受け、翌年4月22日に、香川県農事試験場(当時)が、香川県小豆島でオリーブの苗木を植栽。これが、日本における産業としてのオリーブ栽培の始まりです。その後、小豆島を中心として食品産業を発展させる基盤整備や、オリーブの島とした観光などを積極的に展開。地道な取り組みが功を奏し、香川県小豆島は、オリーブの島としてイメージを確立してきました。
img_kagawa_oliveoil1
02
結果的に世界から評価を受ける品質に至った取り組みの例として、生産者が個別に導入しはじめた「小型採油機」の存在があります。オリーブオイルは、品種・気象条件・管理状態・収穫時期によって、味も香りも変わるため、小型採油機を個別に導入することにより、それぞれが理想的なタイミングに、思い通りの味と香りを採ることができるようになっています。
img_kagawa_oliveoil2
03
NPO法人小豆島オリーブ協会などによるカタドール(鑑定士)育成事業により、オリーブオイルの官能特性を把握し、その良し悪しを判断できる鑑定士の育成を実施。これにより、香川県のオリーブオイル生産者は、量から質への価値認識を確かなものとしています。また、採油技術の研修や品評会(オイル、園地)なども積極的に行っています。
img_kagawa_oliveoil3
04
良さを生かし切る取り組み
採油後の実や水分、葉も丸ごと有効活用しています。その加工技術も世界随一。例えば、オリーブオイルを採った時に残る果実を飼料に混ぜて育てた「オリーブ牛」や、オリーブの葉を入れた餌で養殖した「オリーブハマチ」。これらは生産が追いつかないほど大人気。さらに、採油時に出る果汁やオリーブの葉から抽出した高濃度のポリフェノール。これらを活用したエキスは、さまざまなお菓子や化粧品に展開しています。余すところなく加工する技術は、世界でもっとも研究が進んでいます。
img_kagawa_oliveoil4
05
権威ある国際コンテストに次々と入賞!
「ロサンゼルス国際エキストラバージンオリーブオイル品評会」のほか、「FLOS OLEI(イタリアで出版されている世界オリーブオイルガイドブック)」、「OLIVE JAPAN」コンテストなどの国際品評会で次々と受賞。2013年のロサンゼルス国際エキストラバージンオリーブオイル品評会では、香川県から出品した13社15点全てが、金賞または銀賞に輝きました。日本の受賞は香川県から出品したものだけ。香川県産果実100%で採ったオリーブオイルのほどんどはエキストラバージンオリーブオイルであり、味と香りの検査である官能検査でも高く評価されています。
img_kagawa_oliveoil5
Page Top