本文までスキップする場合はこちらから移動ください。

うどん県の県産品紹介ポータルサイト「LOVEさぬきさん」|香川・讃岐の特産品や生産者情報

うどん県の県産品紹介ポータルサイト LOVEさぬきさん

文字サイズを変更できます。
縮小
標準
拡大

県産品生産者・企業の方へ サイトマップ English/中文繁體

音声読上ブラウザに対応しています。

かがわの県産品一覧 さぬきの気候風土をゆりかごに"文化・歴史・伝統"を十分に活かした、香川を代表する県産品

そうめん

旬の時期
主な産地 小豆島

伝統が築き上げた島の味

手延べそうめんは、瀬戸内海に浮かぶ小豆島の特産品です。その始まりは、江戸時代の初め(慶長3年)に、当時島の人がお伊勢参りに出かけた道中、奈良県の三輪地方でそうめんづくりを見聞し、島へ持ち帰ったと言われています。以来、400年の伝統に支えられ、小豆島の特産品として技術が磨かれてきました。小豆島手延素麺協同組合のブランド商品「島の光」は、伝統を大切にした独特の製法でつくられています。そうめんづくりに適した寒風の吹くなかで天日干しを行い、日光の暖かい光を浴びながらじっくりとつくりあげます。恵まれた風土と手間暇をかけた伝統的な製法が、手延麺の味とコシを作り上げているのです。

手間ひまかけて育てた高品質にんにく

「島の光」は、より細く、より美味しいものを全国に届けるため、1年分を期間限定で集中してつくりあげます。表面には、全国的にも珍しい手法ですが、純正ごま油が塗られます。ごま油には酸化しにくいという特徴があり、この手法によって長期間、変わらぬ味の良さを保っていくことができます。また、熟練した製品検査員がすべてのそうめんを厳重に検査しているため、高級かつ均一な品質であることが完全に保証されており、そうした厳しいチェックが日本一おいしいと言われているゆえんでもあります。また、伝統を大切にする一方で、新しい商品の開発にも意欲的です。そうめん同様、小豆島の特産品であるオリーブとのコラボレーション商品「手延べオリーブそうめん」。オリーブの果実を練りこみ、表面には純粋オリーブオイルを塗った、まさに小豆島ならではの緑色のそうめん。小豆島の手延べそうめんは、これからも日本一の味を守るため、進み続けていきます。

そうめんに関連する県産品一覧

  • お茶

    香川県のお茶の歴史は古く、約350年前、高松藩初代藩主松平頼重公が、茶会に用いるため現在の栗林公園に、

    詳しくはこちら

    かまぼこ

    香川のかまぼこは、明治時代中ごろより瀬戸内海で大量に捕れる小魚を原料に作り始められました。蒸し板や焼

    詳しくはこちら

  • つくだに

    つくだには小豆島の特産物です。島の地場産業である醤油の二次加工品として戦後に作られ始め、以来60年以上

    詳しくはこちら

    清酒

    香川では、昔から地酒が数多く醸造されてきました。酒造りに欠かせないのは良質な米と水ですが、日照時間の

    詳しくはこちら

  • ワイン

    さぬき市志度地区・瀬戸内海に突き出した風光明媚な大串半島に、四国唯一のワイナリーがあります。香川産ワ

    詳しくはこちら

    焼酎

    香川県では、酒所・讃岐として発展した清酒醸造の技術を生かし、焼酎の生産も盛んに行われています。中でも

    詳しくはこちら

  • リキュール

    香川産のリキュールと言えばこれまで梅酒がメインでしたが、近年、生果実を使った日本酒ベースのフルーツリ

    詳しくはこちら

    醤油

    400年以上の歴史を持つ香川県の醤油づくり。豊かな時間を生み出す味と香りは、醤油杜氏がこだわり続け、探

    詳しくはこちら

  • 降雨量の少ない香川県では、古くから製塩が盛んに行われてきました。弥生時代中期には土器製塩の技術が確立

    詳しくはこちら

    味噌

    香川県で「味噌」と言えば、コクのある風味とさっぱりした甘みが特徴の白味噌が有名ですが、小豆島では麦麹

    詳しくはこちら

  • ごま油

    瀬戸内海に浮かぶ、一年を通じて温暖で安定した気候の小豆島。約150年前、その小豆島で香川県産のごま油

    詳しくはこちら

    希少糖

    「夢の糖」希少糖
    希少糖とは、その名の通り自然界にはほんの少量しか存在しない希少な糖のことを指

    詳しくはこちら

バナー:旬彩館
「香川・愛媛せとうち旬彩館」
バナー:うどん県
「うどん県。それだけじゃない香川県」
バナー:うどん県旅ネット
観光情報はこちら
バナー:県産品パンフレット
県産品パンフレットはこちら

香川県庁