本文までスキップする場合はこちらから移動ください。

うどん県の県産品紹介ポータルサイト「LOVEさぬきさん」|香川・讃岐の特産品や生産者情報

うどん県の県産品紹介ポータルサイト LOVEさぬきさん

文字サイズを変更できます。
縮小
標準
拡大

サイトマップ

音声読上ブラウザに対応しています。

かがわの県産品一覧 さぬきの気候風土をゆりかごに"文化・歴史・伝統"を十分に活かした、香川を代表する県産品

讃岐かがり手まり

讃岐かがり手まり

美しく落ち着いた色合いが温かみを生み出す。
自然の植物から採った染料でしか出せない特別な毬。

古くから香川県には、木綿の糸を使い、草木染めした手まりがつくられていました。江戸時代には全国で親しまれていた木綿手まりでしたが、戦後になると全国各地にいた作り手の伝承も次々と途絶えていき、讃岐地方でも当時の高齢者の記憶にあるだけで、その技法は再現されませんでした。しかしその後、多くの人が戦後30年にわたり努力を続け、ついに讃岐に伝わる失われた技法の復活、そして体系づけに成功しました。昭和52年には「讃岐かがり手まり」と名付けられ、現在も美しく愛らしい手まりを楽しむことができるようになりました。

讃岐かがり手まりは、自然の植物から採った染料でしか出せない、落ち着いた色合いの温かみのある毬。何年経っても、飽きることのない美しさです。讃岐かがり手まりは工業化が進んだ現在でも、芯材にはモミガラを使用し、木綿糸を巻き上げた土台毬に、手染めした草木染の木綿糸でかがる技法でつくられています。ひとつひとつ心を込めて作り上げられた美しく暖かい手まりは、今なお、多くの人を魅了しています。また、讃岐かがり手まりには、芯のモミガラの中に香木・天然香料をたっぷり入れた「にほひ手まり」というものもあります。美しい手まりから奥ゆかしい香りが漂い、芳香や防虫にも効果があるといわれています。インテリアとして飾るのはもちろん、タンスやクローゼット等に使えば衣類への移り香も楽しめます。「にほひ手まり」は通常の讃岐かがり手まり同様人気が高く、結婚式の引き出物など贈り物としてもよく使われています。

讃岐かがり手まりに関連する県産品一覧

  • 香川漆器

    漆の味わいを日々の暮らしに。長い歴史の中で培われた香川漆芸は、伝統技術を大切に育て上げた、こだわりぬ

    詳しくはこちら

    手袋

    国内産手袋の約9割が生産されている香川県東かがわ市。120年を超える伝統と実績が生み出す高品質な手袋は、

    詳しくはこちら

  • 丸亀うちわ

    全国シェア90%を誇る日本一のうちわ産地、丸亀。伝統の風を全国に吹かせる丸亀うちわは、職人技の結集で

    詳しくはこちら

    庵治石

    歴歴史に磨かれた天下の銘石「庵治石」。世界に類をみない上質な石材。水晶と同程度を誇る硬度と、気品ある

    詳しくはこちら

  • 高松張子

    高松市内の鍛冶屋町では、昔から玩具や人形を取り扱う店がたくさんあり、様々なおもちゃ類が作られていまし

    詳しくはこちら

    讃岐一刀彫

    ノミの刃跡を活かして彫り上げる「一刀彫」の歴史は古く、その始まりは天保8年(1837年)、金毘羅宮・御本

    詳しくはこちら

  • 讃岐獅子頭

    もともとは神前や仏前に安置され礼拝されていた「獅子頭」ですが、やがてこれを操作し、神徳仏恩を表現する

    詳しくはこちら

    讃岐提灯

    「讃岐提灯」は、四国八十八ヶ所奉納提灯として生まれました。そのため、寺社特有の図柄や紋様が用いられ、

    詳しくはこちら

  • 保多織

    初代高松藩主・松平頼重公が命名した「保多織」は、丈夫な織物で「多年を保つ織物だ」という意味があります

    詳しくはこちら

    家具

    香川の地場産業として発展してきた家具は、素材そのものの風合いが楽しめる木と腕達者な職人の技が結びつい

    詳しくはこちら

  • かばん・革小物

    昭和40年代、東かがわ市では、産地の多角化を目指す一環として手袋製造で培ったノウハウを応用し、かばん・

    詳しくはこちら

    縫製品

    昭和30年ごろから盛んに行われ、特にアメリカ向けの輸出を追い風に大きく飛躍した産業です。その後、国内向

    詳しくはこちら

  • 桐げた

    さぬき市志度では明治40年に生産が始まり、全国有数の産地にまで成長しました。桐げたは、自然乾燥した桐材

    詳しくはこちら

    製綿・家具

    塩、砂糖とともに「讃岐三白」のひとつに数えられている綿栽培。江戸時代中期から当時の農家の副業として盛

    詳しくはこちら

  • 讃岐における瓦は奈良、平安、鎌倉、室町時代から盛んに作られていたと言われています。魔除けとしてかなり

    詳しくはこちら

    はかり

    香川県ではその昔、国の指定で鋳物、分銅の制作を行っていました。中でも「カンカンの分銅」はその正確さで

    詳しくはこちら

  • サヌカイト

    たたくと「カーン、カーン」という音を響かせる石。古くからカンカン石と呼ばれ親しまれてきた讃岐の名石「

    詳しくはこちら

バナー:旬彩館
「香川・愛媛せとうち旬彩館」
バナー:うどん県
「うどん県。それだけじゃない香川県」
バナー:うどん県旅ネット
観光情報はこちら
さぬき産業工芸館 サンクラッケ
木材利用ポイントについてはこちらから

香川県庁