本文までスキップする場合はこちらから移動ください。

うどん県の県産品紹介ポータルサイト「LOVEさぬきさん」|香川・讃岐の特産品や生産者情報

うどん県の県産品紹介ポータルサイト LOVEさぬきさん

文字サイズを変更できます。
縮小
標準
拡大

サイトマップ

音声読上ブラウザに対応しています。

かがわの県産品一覧 さぬきの気候風土をゆりかごに"文化・歴史・伝統"を十分に活かした、香川を代表する県産品

希少糖

希少糖

「夢の糖」希少糖
希少糖とは、その名の通り自然界にはほんの少量しか存在しない希少な糖のことを指し、約50種類あると言われています。そんな貴重な希少糖の大量生産技術の開発に、香川大学農学部の研究グループが成功しました。その技術の中でも最も注目されているのが、市販されている果糖を希少糖であるD-プシコースに変える技術。プシコースはこれまで、有機化学的手法で少量を生産していたため、1グラムが7万円もする非常に高価なものでした。それを新しい技術を使うことによって簡単に生産できるようになり、夢の糖が現実のものとなりました。

旬の時期
主な産地 木田郡三木町

希少糖を活用した商品が続々!
希少糖の特徴はこれまであまり分かっていませんでしたが、香川大学などの研究で、砂糖に比べてカロリーが低いほか、体脂肪率の上昇抑制や糖尿病予防の効果があると判明しました。現在の健康志向の高まりから、香川大学発ベンチャーの株式会社レアスウィートは、希少糖含有シロップを家庭向けにも販売。また、このシロップを活用して、県内の多くの企業が商品開発に取り組むことで、現在ではスイーツを中心に250(季節物含む)を越える商品が生まれています。香川発の「夢の糖」が全国に広まる日もそう遠くはありません。
※注文が殺到し、現在、通信販売サイトの在庫が不足している状態です。通販サイトの次回の入荷は、平成26年1月の予定。(県内のスーパー等には、順次納品されている。)

希少糖に関連する県産品一覧

  • お茶

    香川県のお茶の歴史は古く、約350年前、高松藩初代藩主松平頼重公が、茶会に用いるため現在の栗林公園に、

    詳しくはこちら

    そうめん

    日本一おいしいと言われている小豆島の手延べそうめん。讃岐の太陽と潮風をたっぷり浴びた、小豆島だからで

    詳しくはこちら

  • かまぼこ

    香川のかまぼこは、明治時代中ごろより瀬戸内海で大量に捕れる小魚を原料に作り始められました。蒸し板や焼

    詳しくはこちら

    つくだに

    つくだには小豆島の特産物です。島の地場産業である醤油の二次加工品として戦後に作られ始め、以来60年以上

    詳しくはこちら

  • 清酒

    香川では、昔から地酒が数多く醸造されてきました。酒造りに欠かせないのは良質な米と水ですが、日照時間の

    詳しくはこちら

    ワイン

    さぬき市志度地区・瀬戸内海に突き出した風光明媚な大串半島に、四国唯一のワイナリーがあります。香川産ワ

    詳しくはこちら

  • 焼酎

    香川県では、酒所・讃岐として発展した清酒醸造の技術を生かし、焼酎の生産も盛んに行われています。中でも

    詳しくはこちら

    リキュール

    香川産のリキュールと言えばこれまで梅酒がメインでしたが、近年、生果実を使った日本酒ベースのフルーツリ

    詳しくはこちら

  • 醤油

    400年以上の歴史を持つ香川県の醤油づくり。豊かな時間を生み出す味と香りは、醤油杜氏がこだわり続け、探

    詳しくはこちら

    降雨量の少ない香川県では、古くから製塩が盛んに行われてきました。弥生時代中期には土器製塩の技術が確立

    詳しくはこちら

  • 味噌

    香川県で「味噌」と言えば、コクのある風味とさっぱりした甘みが特徴の白味噌が有名ですが、小豆島では麦麹

    詳しくはこちら

    ごま油

    瀬戸内海に浮かぶ、一年を通じて温暖で安定した気候の小豆島。約150年前、その小豆島で香川県産のごま油

    詳しくはこちら

バナー:旬彩館
「香川・愛媛せとうち旬彩館」
バナー:うどん県
「うどん県。それだけじゃない香川県」
バナー:うどん県旅ネット
観光情報はこちら
さぬき産業工芸館 サンクラッケ
木材利用ポイントについてはこちらから

香川県庁