本文までスキップする場合はこちらから移動ください。

うどん県の県産品紹介ポータルサイト「LOVEさぬきさん」|香川・讃岐の特産品や生産者情報

うどん県の県産品紹介ポータルサイト LOVEさぬきさん

文字サイズを変更できます。
縮小
標準
拡大

県産品生産者・企業の方へ サイトマップ English/中文繁體

 

音声読上ブラウザに対応しています。

おいしさ・すばらしさを伝えます

県産品リポート 2006年冬号

冬なお温かい讃岐(さぬき)では、青空の下、ため池が輝き、山並みの緑は濃く、ときに陽だまりは春のよう。そんな讃岐路のおすすめスポット、今回は香川県の真ん中で、山から田園地帯へとおだやかに広がる綾川町です。

道真公ゆかりの清流の地・綾川町

香川県のほぼ中央に位置する綾川町は、平成18年3月に綾上町と綾南町が合併して誕生しました。町の名前は、町内を流れる綾川に由来しています。上流の柏原渓谷は、「水源の森百選」、「さぬきの名水」にも選ばれた清流の地。流域には、長柄ダムや府中ダムもあり、地域の大切な水源でもあります。中流に架かる滝宮橋は赤い欄干が美しく、付近には道の駅や滝宮公園、滝宮天満宮があり、念仏踊りでも有名な滝宮神社には、その昔はここが香川県の中心であることを表したという国分石(境石)が残されています。ここ滝宮には、かつて讃岐の国司として赴任してきた菅原道真の別館があったと伝えられています。時には、綾川のほとりをそぞろ歩いた道真公は、「花は巌の辺に発きて 半は流れに入り 紅匂ひ緑きよくして 両つながら悠悠たり・・・」と詩を詠んでいます。

受験の神様「滝宮天満宮」

学問の神様として知られる菅原道真公をまつり、毎年、多くの受験生が合格祈願に訪れる滝宮天満宮。初詣には受験を控えた多くの親子連れが訪れ、花咲く春への願いが込められた絵馬がずらっとかけられています。道真公は誕生日も命日も太宰府に左遷された日も25日だったと伝えられています。そこで、1月25日には「お初天神」が行われ、しめ縄やお札、みかんを炎で燃やし一年の無病息災を祈ります。

境内の敷地は、一説には道真公が4年間讃岐の国司を務めていたときの官舎があったともいわれ、今では道真公ゆかりの梅の花が植えられています。太宰天満宮から贈られた「飛梅」をはじめ約100本の梅の木が、早春には香り高く咲き誇ります。毎年、2月下旬の日曜日には「梅花祭」が行われ、抹茶や和菓子のお接待もあります。
また、4月24日には、木彫り人形の「うそ鳥」を交換して幸せを願う「うそかえ神事」やさぬきうどん発祥の地ならではの「献麺(けんめん)式」、うどん祭りも行われます。

  1. <<
  2. 1
  3. 2
  4. 3
  5. 4
  6. 5
  7. 6
  8. 7
  9. >>
バナー:香川・愛媛せとうち旬彩館
香川・愛媛せとうち旬彩館
バナー:うどん県
「うどん県。それだけじゃない香川県」
バナー:うどん県旅ネット
観光情報はこちら
バナー:県産品パンフレット
県産品パンフレットはこちら
うどん県のおさかなブログ
うどん県のおさかなブログはこちら

香川県庁