本文までスキップする場合はこちらから移動ください。

うどん県の県産品紹介ポータルサイト「LOVEさぬきさん」|香川・讃岐の特産品や生産者情報

うどん県の県産品紹介ポータルサイト LOVEさぬきさん

文字サイズを変更できます。
縮小
標準
拡大

県産品生産者・企業の方へ サイトマップ English/中文繁體

 

音声読上ブラウザに対応しています。

おいしさ・すばらしさを伝えます

県産品リポート 2007年夏号

かがわの夏は、花火の競演も迫力の「さぬき高松まつり(8月12日~14日)」をはじめ、ちょうさが乱舞する「さかいで大橋まつり(8月3日~5日)」、ダンスパフォーマンスも見応えがある「まるがめ婆娑羅まつり(8月25日・26日)」、宝さがしも楽しい「銭形まつり(7月14日~16日)」、巨大竜に息を飲む「仁尾竜まつり(8月4日)」などなど、一目見ていただきたい夏祭りが目白押し。そして、2ヶ月にわたり、ロマンティックな石あかりをともして夏の宵を楽しむという「むれ源平石あかりロード(7月29日~9月22日)」も開催されます。そこで、今回は、石あかりのまち「高松市牟礼町」を訪ねます。(日にちは今年の開催予定日です。)

庵治石の歴史を刻む古戦場

高松市牟礼町は、東は志度湾、西は屋島湾に接し、まちの中ほどに独特の形をした五剣山がそびえ、緑の高台から瀬戸内海をのぞめます。その昔から庵治石の産地として知られ、石の文化が色濃く残るまち。また、源平屋島合戦の舞台でもあり、古戦場の史跡があちこちに残っています。この牟礼町は、2006年1月に高松市と合併し、現在は高松市牟礼町となりました。

観光の問い合わせ先
高松市観光課 電話 087-839-2416

花崗岩のダイヤモンド

この牟礼町が全国、いや全世界に誇るのが「庵治石」。結晶が極めて小さく、緻密でほかの花崗岩と比べて硬いのが特徴です。ですから、二百年は彫られた字が崩れない、変色しない、艶(つや)が失われないといわれています。また最大の特徴は、よく磨いた石の表面に黒雲母が緻密に入り、まだらな地模様に濃淡が出る、「斑(ふ)」または「ぼたん」と呼ばれる現象。これは、世界中の石材の中でも「庵治石」だけといわれています。この希少性、特質から、石材の単価としては世界一ともいわれているのです。つまり、別名「花崗岩のダイヤモンド」なのです。

この美しい石に魅せられた彫刻家はたくさんいます。20世紀を代表する世界的な彫刻家、イサム・ノグチも「庵治石」を愛し、この地にアトリエを構えました。そこは、現在、「イサム・ノグチ庭園美術館(火・木・土のみ開館。往復はがきで予約が必要。電話 087-870-1500)」となっています。また、まちのあちこちに、「庵治石」の石彫作品が見られます。そして、多くの石材店が軒を並べる石の里、牟礼町です。

  1. <<
  2. 1
  3. 2
  4. 3
  5. 4
  6. 5
  7. 6
  8. >>
バナー:香川・愛媛せとうち旬彩館
香川・愛媛せとうち旬彩館
バナー:うどん県
「うどん県。それだけじゃない香川県」
バナー:うどん県旅ネット
観光情報はこちら
バナー:県産品パンフレット
県産品パンフレットはこちら
うどん県のおさかなブログ
うどん県のおさかなブログはこちら

香川県庁