本文までスキップする場合はこちらから移動ください。

うどん県の県産品紹介ポータルサイト「LOVEさぬきさん」|香川・讃岐の特産品や生産者情報

うどん県の県産品紹介ポータルサイト LOVEさぬきさん

文字サイズを変更できます。
縮小
標準
拡大

県産品生産者・企業の方へ サイトマップ English/中文繁體

 

音声読上ブラウザに対応しています。

おいしさ・すばらしさを伝えます

県産品リポート 2007年冬号

讃岐の冬景色といえば、たいていは雪景色ではなく、温かい日だまり。冬のやわらかい光に包まれたため池では、鳥たちがにぎやかに集います。鴨鍋、しし鍋、レタス鍋、カキ鍋、ふぐ鍋、ハマチのしゃぶしゃぶ、讃岐牛のしゃぶしゃぶと、讃岐のごちそうがたっぷり入った鍋の周りにも笑顔が集います。そして、年の初めには、海の神様「金刀比羅宮」、弘法大師誕生地の「総本山善通寺」、厄除けの「与田寺」、商売繁盛の「八栗寺」など、初詣客でにぎわいます。そこで、今回は、初詣にもおすすめの四国霊場のクライマックス、第87番札所「長尾寺」、第88番・結願の寺「大窪寺」周辺を訪ねます。

お遍路さんが行き交う長尾エリア

香川県の東部に位置する「さぬき市」は、2002年に津田町、大川町、志度町、寒川町、そして長尾町の5町が合併して成立しました。今回訪ねるのは、その中から旧長尾町のエリア。長尾寺と大窪寺があり、お遍路さんの姿を多く見かけるエリアでもあります。まずは、電車のことでん「長尾駅」から歩いてすぐ、四国霊場第87番札所、長尾寺から旅を始めます。

さぬき市の観光の問い合わせ:さぬき市商工観光課 電話 087-894-1114

118年ぶりに新しく

観音院「長尾寺」は、今から1268年も昔の天平11年(7 39年)、僧行基が道ばたの柳の木で聖観音(しょうかんのん)を彫り安置したのが始まりといわれ、後に弘法大師が訪れ、護摩祈祷(ごまきとう)を行ったと伝えられています。松の緑に包まれた本堂は、12月まで修築中。お正月には、畳も新しく118年ぶりの大改装を終え、すがすがしい新年を迎えます。屋根の瓦も葺き替えましたが、讃岐藩主松平様から贈られたという葵の御紋がついた鬼瓦には、元禄14年(1701年)と書かれていたそうです。これは、大切に加工し直し、再び屋根に上げられています。

さて、「長尾寺」といえば、有名な正月行事があります。正月2日に行われる「三味線もちつき」。三味線の鳴り物に合わせ、3本の杵でおよそ1石3斗の餅をつきあげます。これで巨大な鏡餅がつくられ、1月7日に行われる「大鏡力餅運搬競技」に使われます。台の三宝と鏡餅は合わせて150キロもあるそうで、これを持って何歩進めたかを競います。小ぶりな鏡餅で子ども大会も行われ、境内は和やかに盛り上がります。1月7日は、真言宗の正月行事「大会陽(だいえよう)」の日。福餅の投下などもあり、2008年は琴の演奏会も予定されています。

  1. <<
  2. 1
  3. 2
  4. 3
  5. 4
  6. 5
  7. 6
  8. 7
  9. >>
バナー:香川・愛媛せとうち旬彩館
香川・愛媛せとうち旬彩館
バナー:うどん県
「うどん県。それだけじゃない香川県」
バナー:うどん県旅ネット
観光情報はこちら
バナー:県産品パンフレット
県産品パンフレットはこちら
うどん県のおさかなブログ
うどん県のおさかなブログはこちら

香川県庁