本文までスキップする場合はこちらから移動ください。

うどん県の県産品紹介ポータルサイト「LOVEさぬきさん」|香川・讃岐の特産品や生産者情報

うどん県の県産品紹介ポータルサイト LOVEさぬきさん

文字サイズを変更できます。
縮小
標準
拡大

県産品生産者・企業の方へ サイトマップ English/中文繁體

 

音声読上ブラウザに対応しています。

おいしさ・すばらしさを伝えます

県産品リポート 2008年夏号

瀬戸内海にも光があふれ、むくむくとわき上がる入道雲。讃岐の夏がやってきました。波穏やかな海は、ご家族でマリンレジャーを楽しむにはピッタリ海水浴場やヨットハーバーなどがあちこちにある香川県。瀬戸の海も讃岐の山も夏色に染まり、みなさんをお待ちしています。

太陽の海が待っている

緑の峠を越えると、キラキラ輝く青い海が目に飛び込んできます。沖の島影もまぶしく、心躍るまち、三豊市仁尾町です。今回は、海の町の代表として仁尾町エリアをご紹介します。かつて太陽博が開催されたこともあり、太陽が輝く海のまちとして知られる仁尾町は、西は瀬戸内海の燧灘(ひうちなだ)に面し、浦島伝説で知られる荘内半島の付け根に位置しています。遠浅の海には美しい砂浜が広がり、「父母(ちちぶ)ヶ浜海岸」や「サンビーチ」、「蔦島(つたじま)」などの理想的な海水浴場が待っています。
町の歴史は古く、縄文遺跡や弥生遺跡が残り、平安時代には京都の大きな神社の荘園となり、都の文化も伝わってきました。江戸時代の仁尾は、土佐藩主の参勤交代の港ともなり、「千石舟を見たけりゃ仁尾に行け」といわれるほど栄えました。そのため、立派な神社仏閣や商家の屋敷が残され、見応えのある歴史散歩も楽しめます。

仁尾町への交通アクセス
豊中または三豊鳥坂インターより車で約20分。
JR詫間駅、観音寺駅から車で約10分。
仁尾観光の問い合わせ 三豊市仁尾支所 電話0875-82-5102

海の駅・仁尾マリーナ

海の町・仁尾には、海の駅にもなっている「仁尾マリーナ」があります。西日本でも有数の規模と設備を誇るマリーナで、海洋レジャー基地として、四国はもちろん、京阪神や九州方面からもご利用いただけます。夕日のスポットとしても知られ、夏の夜風も心地よくすぎていくマリーナ。バーベキューパーティーを開く設備も整っています。
ヨットやボートをお持ちの方はもちろん、クラブハウスのカフェ(月・火・水は休み)は、誰でも気軽に利用できますので、マリーナの船を眺めながらお茶やランチを楽しめます。また、ボート免許教室やリーズナブルにクルーズを楽しめるレンタルボートクラブのシステムもありますので、もっと身近に利用したい仁尾マリーナです。

問い合わせ:仁尾マリーナ 電話 0875-82-3231(火曜定休)
  1. <<
  2. 1
  3. 2
  4. 3
  5. 4
  6. 5
  7. 6
  8. 7
  9. 8
  10. >>
バナー:香川・愛媛せとうち旬彩館
香川・愛媛せとうち旬彩館
バナー:うどん県
「うどん県。それだけじゃない香川県」
バナー:うどん県旅ネット
観光情報はこちら
バナー:県産品パンフレット
県産品パンフレットはこちら
うどん県のおさかなブログ
うどん県のおさかなブログはこちら

香川県庁