本文までスキップする場合はこちらから移動ください。

うどん県の県産品紹介ポータルサイト「LOVEさぬきさん」|香川・讃岐の特産品や生産者情報

うどん県の県産品紹介ポータルサイト LOVEさぬきさん

文字サイズを変更できます。
縮小
標準
拡大

県産品生産者・企業の方へ サイトマップ English/中文繁體

 

音声読上ブラウザに対応しています。

おいしさ・すばらしさを伝えます

県産品リポート 2010年秋号

瀬戸内国際芸術祭でにぎわうまち

美しい海や素朴な島の風景と現代アートを楽しむ「瀬戸内国際芸術祭」は、2010年10月31日まで。島々や期間中に限らず香川には、個性的な美術館が点在しています。例えば、金刀比羅宮には円山応挙の作品を所蔵する「表書院」や「高橋由一館」、瀬戸大橋のたもとには「東山魁偉せとうち美術館」、庵治石の里には「ジョージナカシマ記念館」など。芸術の秋はアート王国「香川」に、ぜひともお越しください!
そして、今回のリポートは、芸術祭の島としても注目される小豆島土庄エリア。この秋、西沢立衛氏の水滴をイメージした建築と内藤礼氏による水の作品という美術館がオープンする豊島(てしま)も巡ります。

小豆島観光の玄関口

高松港からフェリーで約1時間、高速艇では約30分。オリーブの島として知られる小豆島・土庄港へ到着します。瀬戸内海で2番目に大きな島は山の緑も豊かで、船が島影に近づくにつれ、リゾート気分が高まります。かつて、壺井栄の小説「二十四の瞳」で一躍有名になったこの島。その像の傍ら、高速艇やフェリー乗り場に面してあるのが「土庄港観光センター」。小豆島の観光拠点として、島の土産物がずらりとそろっています。

この秋オススメ人気のおみやげベスト3を伺うと、オリーブの葉エキスを使った「オリーブ茶」、特産のそうめんとオリーブがコラボした「おりーぶ手延べそうめん」、今話題の「小豆島オリーブラー油」でした。やはり、健康食材として話題のオリーブが人気。この店のオーナーは、小豆島オリーブ株式会社。もちろん、そのオリーブ製品も大人気。ベスト3は、健康料理に最適「純粋 食用オリーブ油」、素肌美人のひみつ「化粧用バージンオリーブオイル」、さわやかな素肌のために「オリーブ美容石鹸」でした。
さて、そのオリーブの葉には、中にハート型をしたものがあります。それは、四つ葉のクローバーのように幸せを呼ぶ幸運のオリーブといわれています。そのしおりも、ここにありますので、探してみてください。ここでは、島の名物そうめんを味わうこともできます。絶妙のだしは、やはり土庄にある元屋醤油の「天然醤油」を使っています。これもうれしいおみやげになります。

土庄港観光センター 電話 0879-62-1666
営業時間8時-18時(4月~11月)~17時30分(12月~3月)/年中無休
小豆島オリーブ(株) 本社電話 0879-62-1277
  1. <<
  2. 1
  3. 2
  4. 3
  5. 4
  6. 5
  7. 6
  8. 7
  9. 8
  10. 9
  11. >>
バナー:香川・愛媛せとうち旬彩館
香川・愛媛せとうち旬彩館
バナー:うどん県
「うどん県。それだけじゃない香川県」
バナー:うどん県旅ネット
観光情報はこちら
バナー:県産品パンフレット
県産品パンフレットはこちら
うどん県のおさかなブログ
うどん県のおさかなブログはこちら

香川県庁