本文までスキップする場合はこちらから移動ください。

うどん県の県産品紹介ポータルサイト「LOVEさぬきさん」|香川・讃岐の特産品や生産者情報

うどん県の県産品紹介ポータルサイト LOVEさぬきさん

文字サイズを変更できます。
縮小
標準
拡大

県産品生産者・企業の方へ サイトマップ English/中文繁體

 

音声読上ブラウザに対応しています。

おいしさ・すばらしさを伝えます

県産品リポート 2010年春号

桜の春から初夏にかけて、讃岐の海がさわやかに輝く季節。マリンスポーツに先立ち、カメラ片手にシーサイドウォークも心地よい季節。引き潮になると小島に続く小豆島のエンジェルロード、アートの島・直島の琴反地海岸線、銭形でも有名な観音寺市の有明浜、さぬき市の津田の松原などなど、讃岐路にはおすすめの海辺がいくつもあります。
そして、島々の拠点としても注目されるシーサイドエリアが、県都「高松市」にある「サンポート高松」。今回は、太陽輝くベイエリア、「サンポート高松」周辺をリポートします。

恋しい港町

香川県の県庁所在地「高松市」は、高松城の城下町として栄え、今や四国の中枢管理都市としてにぎわっています。そんな高松市の玄関口が高松港。かつて、小説家・林芙美子が「放浪記」の中で「高松のあの港が恋しくなってきた」と記した港は、四国上陸の最初の地として多くの人々の郷愁を誘いました。しかし、瀬戸大橋架橋後はその役目も軽くなることから、新たな拠点として完成したのが「サンポート高松」。ここには、JR高松駅、高松港旅客ターミナルビル、高松シンボルタワー、ホテル、バスターミナル、ハーバープロムナード、フェリー乗り場、浮桟橋などがあり、水陸の交通拠点として、観光拠点として重要な役目を担っています。その建物が朝日を浴びて浮かび上がる風景は、まさに「瀬戸の都」。特に水上から眺める「サンポート高松」は21世紀の旅情を誘う印象的な姿です。

地中海の潮風

このサンポート高松の先端に輝くのが赤灯台、通称「せとしるべ」。世界初の総ガラス張りの灯台で、そこに続く玉藻防波堤は絶好の散歩道。そのたもとの階段式護岸「せとシーパレット」は、夕日のスポットとしても知られています。周囲には、港側にハーバープロムナード、夕日側にシーフロントプロムナードもあり、シーサイドウォークを多彩に楽しめます。また、ここには2万トン級の岸壁もあり、運がよければ美しい大型船に出合うことも。

そうした2つのプロムナードとシーパレットを結ぶようにあるのが「高松港レストハウス」。太陽光発電装置が取り付けられたユニークな屋根の下には、どの席からも海を眺められるというレストラン「MIKAYLA(ミケイラ)」があります。お天気がよければテラス席も快適、カウンター越しに瀬戸の夕焼けが広がる時間も。料理は瀬戸内海の新鮮な魚介類をたっぷりと使ったものもあり、メニューは季節に合わせて変化します。春には、サワラやタイ(鯛)料理もおすすめ。地中海を思わせる潮風を感じながら、瀬戸内海のおいしさを堪能する「MIKAYLA」。おしゃれな空間は、スイーツやお酒も楽しめます。

問い合わせ:MIKAYLA 電話087-811-5357
  1. <<
  2. 1
  3. 2
  4. 3
  5. 4
  6. 5
  7. 6
  8. 7
  9. >>
バナー:香川・愛媛せとうち旬彩館
香川・愛媛せとうち旬彩館
バナー:うどん県
「うどん県。それだけじゃない香川県」
バナー:うどん県旅ネット
観光情報はこちら
バナー:県産品パンフレット
県産品パンフレットはこちら
うどん県のおさかなブログ
うどん県のおさかなブログはこちら

香川県庁