うどん県の県産品紹介ポータルサイト LOVEさぬきさん

うどん県の県産品紹介ポータルサイト「LOVEさぬきさん」
香川・讃岐の特産品や生産者情報

オリーブハマチ

オリーブハマチ

オリーブハマチ

県魚・ハマチと県木・オリーブのコラボレーションが生んだ「オリーブハマチ」。オリーブの葉を混ぜた食事で、ぴちぴちのカラダに育ちました。さっぱりとしたヘルシーな味わいが魅力の特別なハマチ、それがオリーブハマチです。

旬の時期 10月〜12月
主な産地 庵治・牟礼・引田・直島・鴨庄

写真オリーブハマチ

オリーブハマチとは
昭和初期に、香川県を発祥として全国に広がったハマチ養殖。そして平成20年、世界で初めてハマチ養殖の事業化に成功した野網和三郎氏の生誕100年と、ハマチ養殖80周年という節目の年を迎えました。その年に、県・関係団体による記念事業が実施され、ブランドハマチの創出等を目的とした製品向上研究会が設立され、オリーブハマチの研究が進められました。様々な研究・試験が繰り返され、遂に誕生した香川だけのブランドハマチが「オリーブハマチ」です。香川県特産のオリーブの葉の粉末を添加した餌を2週間以上与えた養殖ハマチをオリーブハマチと呼ぶようになりました。

写真オリーブハマチ

さっぱりとしてヘルシーな女性にも嬉しいハマチ
オリーブの葉には、抗酸化作用の強いポリフェノールの一種「オレウロペイン」が豊富に含まれています。オリーブの葉粉末を添加した餌でハマチを飼育すると、酸化・変色しにくい肉質に改善されることが分かりました。そうして出荷されたオリーブハマチは、さっぱりとした味わいが特徴で、適度な歯ごたえと風味が魅力のヘルシーハマチです。

写真オリーブハマチ

こだわりのオリーブ餌
オリーブハマチ生産に用いるオリーブ粉末は、香川県小豆島町のオリーブ生産会社である(株)ヤマヒサで生産されたオリーブ葉を、東かがわ市の吉田飼料(株)で粉末加工、品質を追求した100%国産の原料です。安全で安心なオリーブハマチを提供するため、香川県かん水協会でも品質を確認するなど、徹底的なこだわりがオリーブ餌の秘密です。

写真オリーブハマチ

香川ブランドハマチ三兄弟
大きな生簀でのびのび大らかに育った長男「ひけた鰤」、潮の流れの速い海で元気に育った次男「なおしまハマチ」、そして県魚・ハマチと県木・オリーブのコラボレーションが生んだ三男「オリーブハマチ」。ハマチ養殖発祥の地である香川ならではの、歴史が築き上げ、個性があふれる香川ブランド。それが「ハマチ三兄弟」です。

オリーブハマチ関連する県産品一覧

  • ひけた鰤

    穏やかな瀬戸内海で、ゆったりと育つひけた鰤。環境に、餌に、安全に、そして美味しさに徹底的にこだわったブランド魚。絶妙な脂ののりを存分に味わってください。

    詳しくはこちら

  • なおしまハマチ

    潮の流れが速い海で、元気に泳ぎ回って育つなおしまハマチ。栄養のバランスを心がけた投餌と、徹底した「身体検査」により健康状態や肥満度を随時確認。そうした努力が...

    詳しくはこちら

  • オリーブハマチ

    県魚・ハマチと県木・オリーブのコラボレーションが生んだ「オリーブハマチ」。オリーブの葉を混ぜた食事で、ぴちぴちのカラダに育ちました。さっぱりとしたヘルシーな...

    詳しくはこちら

  • 海苔

    瀬戸内海のミネラルをたっぷり含んだノリは、「海の野菜」と呼ばれるくらい栄養満点です。中でも11月から12月に各産地で最初に摘み採られた初摘みノリはやわらかい歯触...

    詳しくはこちら

  • ナシフグ

    香川県で獲れる「ナゴヤフグ」と呼ばれるフグの中でも、「ナシフグ」は体の表面がツルツルしていて、胸びれのそばに菊花状の紋があることが特徴です。フグの中でも小型...

    詳しくはこちら

  • タイラギ

    三角形の大型の二枚貝で、貝の尖っている方を海底に突き刺すように立ってることから「立貝(タチガイ)」とも呼ばれます。干潟から水深40m以上の海底で、6〜7年という長...

    詳しくはこちら

  • アナゴ

    ウナギに似て細長い円筒形をしていますが、体の中央に白い点々が並んでいるのが特徴です。夜行性で、昼間は砂泥底にもぐり、顔だけ出しているので「穴子」と呼ばれてい...

    詳しくはこちら

  • イカナゴ

    銀白色の細長い体形の小魚で、下あごが上あごよりも長いのも特徴です。冬から春にかけてよく獲れ、冬眠ならぬ「夏眠」をする魚です。水温の高い初夏から晩秋にかけては...

    詳しくはこちら

  • ゲタ

    「ゲタ」という呼び名はウシノシタ類の香川・岡山辺りの方言です。全国的には「シタビラメ」という呼び名が馴染み深いと思います。カレイのように平たく、動物の舌の形...

    詳しくはこちら

  • 小エビ

    香川県で獲れるエビにはたくさんの種類がありますが、その中でも10cm前後までしか成長しないものが「小エビ」と呼ばれています。年中通して漁獲できますが、特に夏から...

    詳しくはこちら

  • サワラ

    スマートな体に鋭い歯、鋭いヒレを特徴とする「サワラ」は、香川の春を代表する魚のひとつです。4〜5月に瀬戸内海に入り産卵し、7月頃には再び外海に出ていきます。猛...

    詳しくはこちら

  • マダイ

    桃色に青色の星をちりばめたような鮮やかな色を放つ、魚の王様「タイ」。桜の咲く頃に獲れるものが脂ののりが良く、最も美味しいと言われています。また、この時期、産...

    詳しくはこちら

  • マナガツオ

    香川の夏を代表する魚「マナガツオ」。カツオには似ていないのに、この名前が付いたのはカツオが獲れない香川の漁師が、初夏に獲れ始めるこの魚を、これこそ真のカツオ...

    詳しくはこちら

  • ガザミ

    全国の中でも瀬戸内海はワタリガニの最大の漁場で、高値で取引されています。香川で「カニ」といえば「ガザミ」(ワタリガニ)のこと。足の先がひれの形をしていて、海...

    詳しくはこちら

  • カレイ

    香川県で獲れるカレイは「マコガレイ(アマテ)」と「メイタガレイ」が主。特にマコガレイは漁獲量も多く、県内ではカレイの代表種として知られています。

    詳しくはこちら

  • タコ

    タコの中でも太い足(腕)が特徴の「マダコ」。特に瀬戸内海で獲れるマダコは「立って歩く」と言われるほど、足が太く身がしまっているのが特徴で、コリコリとした歯ご...

    詳しくはこちら

  • ヒラメ

    「左ヒラメに右カレイ」と言われるほど、カレイとよく似ている魚ですが、表を向けて腹を手前におくと目が左にくるのが「ヒラメ」です。放流の効果もあり、天然物の漁獲...

    詳しくはこちら

  • ミルガイ・ナミガイ

    「ミルガイ」は褐色の殻からはみ出した黒く太い水管が特徴的な二枚貝です。この黒い皮をはいだ水管は美味な高級食材として知られています。香川県では昭和51年に漁業が...

    詳しくはこちら

  • タケノコメバル

    メバルの中でも、黄色みがかった体と褐色の斑点が不規則に散らばった模様が特徴の「タケノコメバル」。この名前にはタケノコの時期に美味しい魚だから、体色がタケノコ...

    詳しくはこちら

  • セトダイ

    温暖な気候を好み、瀬戸内海で多く獲れるため「セトダイ」と呼ばれているイサキ科の魚です。しっかりとした背ヒレが特徴的で、日本髪の女性の鬢にさす櫛に似ている形態...

    詳しくはこちら

  • キュウセン(ベラ)

    瀬戸内海で「ベラ」と言えば「キュウセン」のこと。夏の磯を代表する小魚です。関東ではあまり流通しない魚で、住み場は餌などで美味しさが変わるといわれていますが、...

    詳しくはこちら

  • キジハタ(アコウ)

    「ハタ」の仲間で、姿形が美しく、味も美味。香川県での漁獲量は少なく、県内で獲れる魚の中でも最も高級な魚です。岩礁域に生息していて、大きくなると全長40cmほどに...

    詳しくはこちら

  • オコゼ

    まるで押しつぶされたような顔をしている「オニゴゼ」をオコゼと呼びます。普通は背びれに猛毒を持つため、中には漁業者や釣り人には嫌われ者の異名を持つ種類もありま...

    詳しくはこちら

  • カキ

    岩場などに生息する「カキ」ですが、現在は養殖物が主に扱われています。全国で見ると、広島、宮城、岡山などが有名ですが、香川も全国トップ10に入る有数なカキの産地...

    詳しくはこちら

  • カンパチ

    ハマチの仲間で、褐色を帯びた体色をしている魚です。頭の上に眉毛のようにも見える黒い線があり、前から見ると八の字に見えることから「間八」と呼ばれています。暖か...

    詳しくはこちら

  • キス

    ほっそりとした体形にとがった口先を持つ「キス」は、光に反射するとパールピンクに輝く上品な姿をしています。水温が高くなってくると、沿岸の浅所に近づき、水温が低...

    詳しくはこちら

  • クルマエビ

    茶褐色のしま模様が特徴的で体を丸めると車輪のように見えることから、この名前が付いたと言われています。クルマエビはエビの中でも養殖の歴史が古く、現在ではアジア...

    詳しくはこちら

  • サヨリ

    長く伸びた下あごと細長い体形で海の表層を泳ぐのが特徴的な魚です。背は青緑色、腹は銀白色で、下あごの先端が紅色をしています。この色が鮮やかなほど鮮度がいいと言...

    詳しくはこちら

  • スズキ

    スマートな体形と大きな口、銀白色から黒みの体色が特徴の「スズキ」。えらぶたやひれに鋭いトゲがあります。沿岸浅所や河口域から沖合まで広く回遊している魚です。出...

    詳しくはこちら

  • イリコ

    古くから盛んに漁業が行われていた香川県産のイリコは、香り高く上品な風味が持ち味。本場さぬきうどんのダシにも使われ、家庭料理でも数多く登場します。

    詳しくはこちら

  • ハモ

    ウナギやアナゴと同じ仲間で、細長い体形をしています。大きいものは2m余りにもなり、小魚やエビなどを食べて育ちます。京都や大阪の夏祭りには抱えない魚で、香川県産...

    詳しくはこちら

  • シズ

    楕円形の体形で、小さな口にだんご鼻の可愛らしい魚が「シズ」です。マナガツオの近縁ですが、香川県では大型の親ではなく小さめのシズがよく獲れます。夏から秋にかけ...

    詳しくはこちら

  • クロダイ

    タイの仲間で体色が黒いことから「クロダイ」という名が付けられ、西日本では「チヌ」と呼ばれる魚です。沿岸よりの塩分のやや薄い海水を好み、稚魚はごく浅い場所で育...

    詳しくはこちら

  • メバル

    「磯の小魚」の代表とも言える「メバル」は、パッチリとした大きな目が特徴の魚です。体の割に引きが強いので釣り人にも人気。波が穏やかな時には、岸の近くでのんびり...

    詳しくはこちら

  • フナ

    淡水魚の「フナ」も香川の県魚として扱われ、キンブナ、ギンブナ、ゲンゴロウブナなどの種類があります。香川はため池が多くあることで知られていますが、このため池に...

    詳しくはこちら

  • ナマコ

    最近では中華料理の高級食材として取引されることも多い「ナマコ」は、ウニやヒトデと同じ棘皮動物の仲間です。県内でとれるのは「マナマコ」で、体色により「赤ナマコ...

    詳しくはこちら

  • シャコ

    かつては漁獲高が全国3位以内に入っていた香川県産の「シャコ」ですが、渇水や高水温の影響もあり、1985年頃から激減。漁獲が多い場所では小型のものは海に帰すなどの工...

    詳しくはこちら

  • ハギ

    皮が硬く、はいで料理することから「ハギ」と呼ばれている魚です。香川県では「ウマヅラハギ」と「マルハギ」の2種類が主に獲れます。「ウマヅラハギ」は、目が口よりず...

    詳しくはこちら

トップページへ戻る