新着情報

「日本オリーブオイル品評会」の受賞者決定!表彰式も開催予定です。

香川県ほか7県から44社81製品の出品があり、平成31年2月4日~6日に香川県小豆オリーブ研究所において審査を行った「日本オリーブオイル品評会」の受賞者が決定しました。

  1. 出品点数
    香川県ほか7県(神奈川県、静岡県、岡山県、広島県、長崎県、福岡県、熊本県)から、44社81製品のオイルが出品されました。
  2. 審査方法
    小豆オリーブ研究所の官能評価員(香川県官能評価パネル)、民間団体の専門家など12名で構成する審査員(審査委員長:小豆オリーブ研究所長)が、平成31年2月4日~6日に香川県小豆オリーブ研究所官能評価室において、出品されたオリーブオイルについて、香りや味などについて審査を行いました。
  3. 受賞者及び製品名
    別紙PDFに掲載しております(クリックしてください)。

表彰式は3月16日に小豆島町の小豆島オリーブ公園で、次のとおり開催します。

  1. 表彰式 (一般公開)
    日時:平成31年3月16日(土曜日)10時から10時35分
    場所:小豆島オリーブ公園 コンベンションホール(小豆島町西村1941-1)
    出席者:受賞者、農林水産省食料産業局食品製造課長、香川県知事、香川県議会議長ほか
  2. 関連イベント
    1. オリーブFOODセミナー (座席数に限りがあるため、当日9時30分から会場入口で整理券を配布いたします(先着順))
      日時:表彰式終了後、10時50分から11時30分
      場所:同上
      講師:奥田政行氏(山形県鶴岡市、「アル・ケッチァーノ」オーナーシェフ)
      内容:県産オリーブオイルと旬の県産野菜(「さぬきのめざめ」シリーズ等)を使用した「オリーブサラダ」等の実演・試食、オリーブオイル活用ポイントの説明
    2. 受賞オイルの展示・試飲 (どなたでもご参加いただけます)
      日時:表彰式終了後、オリーブFOODセミナーと同時開催
      場所:同上(同一会場で、並行して行います)
      内容:上位受賞製品の展示及びテイスティング

イタリアで出版される「フロスオレイ世界オリーブオイルガイドブック」に本県の7社のオイルが掲載されました!

このガイドブックには、審査会で上位500社と評価されたオイルが掲載されます。
先般、2019年版の審査結果が公表され、本県からは7社のオイルが掲載されました。
本県産の出品は8回目を迎えます。

  1. 審査概要
    審査は、オイルの香り、味、調和等について100点満点の絶対評価方式で行い、ガイドブックには80点以上のオイルのみが掲載されます。

    今年は、日本を含め23カ国、500社の生産者(加工業者)が紹介されています。

  2. 本県の掲載会社名 HP掲載順(商品名は省略)
    • 株式会社オリーブ園(小豆島町) 89点
    • 小豆島ヘルシーランド株式会社(土庄町) 89点
    • 空井農園(小豆島町) 89点
    • 一般財団法人小豆島オリーブ公園(小豆島町) 88点
    • 株式会社ヤマヒサ(小豆島町) 88点
    • 東洋オリーブ株式会社(小豆島町) 85点
    • 金両(株) ※(小豆島町) 82点

    ※初掲載

  3. フロスオレイ世界オリーブオイルガイドブック
    この本は、オリーブオイル界では世界で最初の国際ガイドブックで、イタリア、スペインなど世界各国の最高級オイルが紹介されています。
    本年からは英語・イタリア語版に加え、中国語・イタリア語版が販売されています。
    生産者やオイルの特徴、相性の良い料理などが紹介され、世界各国の料理関係者や愛好家に愛読されています。
    全876ページで現地価格は40ユーロです。

香川県のオリーブオイル官能評価パネルがIOC(インターナショナルオリーブカウンシル)から公式パネルとして認定を受けました

県では、他県に先駆けて、国際的なオリーブオイルの品質管理体制を確立し、本県オリーブオイルのブランド力を強化するため、小豆オリーブ研究所に設置している「香川県オリーブオイル官能評価パネル」のIOC認定試験を受験していましたが、このたび開催されたIOC年次総会において、認定されることが決定しました。

官能評価に関するIOCの公的パネル認定は、国内で初めてであるだけでなく、アジアでもトルコに次いでの認定になります。

  1. 認定までの経緯について
    1. 目的他県でのオリーブ栽培が拡大するなかで、本県オリーブのブランド力を強化するためには、新たに整備した小豆オリーブ研究所の官能評価室を活用し、オリーブオイルの官能評価体制をより強化するとともに、その評価技能に対する国際的な認定を得ることにより、県内オリーブオイルの品質の向上と信用力の強化を図る必要があります。
    2. 経緯このため、平成30年1月30日に、IOCに、小豆オリーブ研究所に設置している「香川県オリーブオイル官能評価パネル」(オリーブオイルの食味などの官能評価を行う評価員で構成)の認定申請を行いました。IOCの技能試験を受験した結果、11月19日(月曜日)から23日(金曜日)に開催されたIOCの年次総会において認定が決定されました。
  2. 認定によるメリットについて
    • 県産オイルの品質を示す制度である「かがわオリーブオイル品質評価・適合表示制度」の官能評価が、国際(IOC)認定を受けたパネルにより実施されることとなり、その制度の信頼性を一層高めることができます。
    • 同表示制度により認定されている事業者が製造する県産オリーブオイルの信用力とブランド力の強化を図ることができます。
    • IOC公式パネルとして、国際的に有効な証明書を発行することができ、国内に他に認定評価機関がないため、日本唯一の評価機関として、また、アジアでもトルコに次ぐ評価機関として国際的な競争力が高まります。

[ 担当課 ]
農政水産部 農業生産流通課

[ お問い合わせ ]
電話:087-832-3422
FAX:087-837-2481
メール:seiryu@pref.kagawa.lg.jp

オリーブ植栽110周年記念 オリーブメニューフェア

香川県は、今年でオリーブ植栽110周年!
記念をして「オリーブメニューフェア」を開催します。
2018年11月18日~12月24日 香川県内の和洋中の飲食店90店舗で、県産オリーブ関連食材を使用した各店オリジナルメニューを楽しみことができます。

www.kensanpin.org/umaimon/olivefair/

オリーブ植栽110周年を記念し、香川のオリーブ関連産品を集めた「小豆島オリーブマルシェ」を開催します!

今年はオリーブ植栽110周年!
このことを記念し、最初の植栽地である小豆島で、香川県のオリーブ関連産品を集めたマルシェを開催します。
小豆島オリーブ公園の「オリーブ大収穫祭」と共同開催で、オリーブオイルやオリーブ新漬けをはじめ、今年誕生したオリーブ地鶏やオリーブ牛、オリーブ夢豚、オリーブハマチなど、香川のオリーブ関連産品が小豆島オリーブ公園に大集合します! また、実の新漬けの食べ比べやオイルの試飲、葉を使った和菓子づくりなどオリーブに関するワークショップも開催します!
※香川のオリーブをPRする18団体24ブースが揃います。これだけのオリーブ関連産品が一堂に揃うのは、当イベントが初めです。

【タイトル】
オリーブ植栽110周年記念「小豆島オリーブマルシェ」

【会場】
道の駅 小豆島オリーブ公園 第3駐車場(小豆郡小豆島町西村甲1941-1)

【日時】
平成30年10月21日(日曜日)10時~15時

【主催】
香川県、さぬきうまいもんプロジェクト実行委員会

【共催】
一般財団法人小豆島オリーブ公園

【協力】
小豆島町、土庄町

【内容】
(1)県産オリーブ関連食材を主とした県産品の販売や飲食の提供
(2)県産オリーブを使用した食器、雑貨等非食品の販売
(3)県産オリーブをPRするワークショップの開催 など
※出店者及び販売品目など詳細については、添付のチラシをご参照ください

■「小豆島オリーブマルシェ」チラシはコチラから(PDFファイル)
www.kensanpin.org/umaimon/img/news/olive_marche04.pdf