新着情報

2020年版 フロスオレイ世界オリーブオイルガイドブックに本県の7社のオイルが掲載されます!

オリーブの本場イタリアで出版されている「フロスオレイ世界オリーブオイルガイドブック」には、審査会で上位に入賞したオイルが掲載されます。
本年11月イタリアにおいて販売される書籍に、本県の7社のオイルが掲載されます。
この結果は10月2日に同出版社ウエブサイトで公開されました。
なお、前年(2019年版)は7社が、前々年(2018 年版)は8社が掲載されました。
※「フロスオレイ」とは、ラテン語で「最高のオリーブオイル」を意味します。

  1. 掲載会社名 掲載順(商品名は省略) www.flosolei.com/
    • (一財)小豆島オリーブ公園 (小豆島町)91点
    • (株)ヤマヒサ (小豆島町) 91点
    • (株)オリーブ園 (小豆島町) 90点
    • 小豆島ヘルシーランド(株) (土庄町) 90点
    • 空井農園 (小豆島町) 90点
    • 金両(株) (小豆島町) 86点
    • (株)蒼のダイヤ  (多度津町)84点

    審査は、オイルの香り、味、調和等について100点満点の絶対評価方式で行い、ガイドブックには80点以上のオイルのみが掲載されます。今年は、日本を含め22カ国、500社の生産者(加工業者)が紹介されます。日本からの入賞は、本県の7社および熊本県天草オリーブ園90点、岡山県日本オリーブ(株)83点計9社でした。

  2. フロスオレイ世界オリーブオイルガイドブックについて

    この本は、オリーブオイル界では世界で最初の国際ガイドブックです。昨年からは英語イタリア語版と中国語イタリア語版で販売されています。生産者やオイルの特徴、相性の良い料理などが紹介され、世界各国の料理関係者や愛好家に愛読されています。この本で掲載される県産オイルは、イタリア、スペインなど世界各国の最高級オイルと肩を並べるほど高品質なものです。2019年11月発売予定。

「OLIVE JAPAN® 2019」受賞農園

OLIVE JAPAN® 2019」の審査結果が発表されました。

受賞した県内産オイルは以下の事業者様が手がけたものです。

——————————————————————
 金賞
——————————————————————
◆ 一般財団法人小豆島オリーブ公園
・小豆島産 手摘み一番搾り エクストラバージンオリーブオイル(ミッション)

◆ 株式会社蒼のダイヤ
・蒼のダイヤエキストラバージンオリーブオイル

◆ jiyuujyu
・SHODOSHIMA100% ミッション種

◆ 空井農園
・小豆島のオリーブ農家が作ったオリーブ油 ミッション

◆ 株式会社オリーブ園
・1st-ORIGIN エキストラバージンオリーブオイル 小豆島産100%

◆ 株式会社ヤマヒサ
・自社農園栽培オリーブ油

◆ 株式会社鶴亀園
・太陽の煌き ミッション

◆ 東洋オリーブ株式会社
・小豆島産レモンオリーブオイル

◆ 有限会社 創樹
・自家栽培・手摘み エキストラバージンオリーブオイル ミッション・ミディアム

——————————————————————
 銀賞
——————————————————————
◆ (株)蒼のダイヤ
・蒼のダイヤエキストラバージンオリーブオイル・イタリア産ブレンド

◆ 空井農園
・小豆島のオリーブ農家が作ったオリーブ油 フラントイオ

◆ 株式会社アグリオリーブ小豆島
・小豆島産100% エキストラバージンオリーブオイル

◆ 株式会社瀬戸内オリーブ
・瀬戸内オリーブ ミッション
・瀬戸内オリーブ ルッカ
・瀬戸内レモンオリーブオイル

◆ 金両株式会社
・小豆島産 エクストラバージンオリーブオイル ミッション種

◆ 三豊オリーブ株式会社
・あかつきルッカ

◆ 小豆島オリーブ株式会社
・手摘み一番搾りエキストラバージンオイル

◆ 東洋オリーブ株式会社
・小豆島産エキストラバージンオリーブオイル[手摘み]
・小豆島産エキストラバージンオリーブオイル[早摘み]

イタリア・ソレント市で開催されたオリーブオイルの品評会「2019ソレント・ゴールデン・マーメイド賞」にて、本県3社のオリーブオイルが入賞

イタリア・ソレント市で開催されたオリーブオイル品評会で本県から出品した3社のオイルが入賞したとの報告が、ソレント市事務局からありました。
日本からの入賞は本県から出品した3社のオイルのみです。

  1. 入賞会社名
    1. ソレント・ゴールデン・マーメイド・日本産オイル特別賞
      日本から出品したオリーブオイルの最高位
      ・小豆島オリーブ(株)「小豆島エキストラバージンオリーブオイル ルッカ」(土庄町)
    2. 優秀賞
      審査においてイタリア産、日本産の区別なく100点中88点以上を獲得したもの。以下の2商品とイタリアの事業者を合わせた33商品が入賞。
      ・空井農園「小豆島の農家が作ったオリーブ油 ミッション」(小豆島町)
      ・東洋オリーブ(株)「小豆島産ミッション種 EXTRA VIRGIN OLIVE OIL」(小豆島町)
  2. ソレント・ゴールデン・マーメイド賞
    ソレント市が主催するオリーブオイル品評会であり、2019年で17回目の開催です。同品評会は、イタリア国内を対象に開催されていましたが、昨年から日本も対象に追加し、開催されています。3月30日に授賞式が開催され、入賞賞品が発表されました。なお、日本からの出品は15社(うち香川県14社)でした。

「日本オリーブオイル品評会」の受賞者決定!表彰式も開催予定です。

香川県ほか7県から44社81製品の出品があり、平成31年2月4日~6日に香川県小豆オリーブ研究所において審査を行った「日本オリーブオイル品評会」の受賞者が決定しました。

  1. 出品点数
    香川県ほか7県(神奈川県、静岡県、岡山県、広島県、長崎県、福岡県、熊本県)から、44社81製品のオイルが出品されました。
  2. 審査方法
    小豆オリーブ研究所の官能評価員(香川県官能評価パネル)、民間団体の専門家など12名で構成する審査員(審査委員長:小豆オリーブ研究所長)が、平成31年2月4日~6日に香川県小豆オリーブ研究所官能評価室において、出品されたオリーブオイルについて、香りや味などについて審査を行いました。
  3. 受賞者及び製品名
    別紙PDFに掲載しております(クリックしてください)。

表彰式は3月16日に小豆島町の小豆島オリーブ公園で、次のとおり開催します。

  1. 表彰式 (一般公開)
    日時:平成31年3月16日(土曜日)10時から10時35分
    場所:小豆島オリーブ公園 コンベンションホール(小豆島町西村1941-1)
    出席者:受賞者、農林水産省食料産業局食品製造課長、香川県知事、香川県議会議長ほか
  2. 関連イベント
    1. オリーブFOODセミナー (座席数に限りがあるため、当日9時30分から会場入口で整理券を配布いたします(先着順))
      日時:表彰式終了後、10時50分から11時30分
      場所:同上
      講師:奥田政行氏(山形県鶴岡市、「アル・ケッチァーノ」オーナーシェフ)
      内容:県産オリーブオイルと旬の県産野菜(「さぬきのめざめ」シリーズ等)を使用した「オリーブサラダ」等の実演・試食、オリーブオイル活用ポイントの説明
    2. 受賞オイルの展示・試飲 (どなたでもご参加いただけます)
      日時:表彰式終了後、オリーブFOODセミナーと同時開催
      場所:同上(同一会場で、並行して行います)
      内容:上位受賞製品の展示及びテイスティング

イタリアで出版される「フロスオレイ世界オリーブオイルガイドブック」に本県の7社のオイルが掲載されました!

このガイドブックには、審査会で上位500社と評価されたオイルが掲載されます。
先般、2019年版の審査結果が公表され、本県からは7社のオイルが掲載されました。
本県産の出品は8回目を迎えます。

  1. 審査概要
    審査は、オイルの香り、味、調和等について100点満点の絶対評価方式で行い、ガイドブックには80点以上のオイルのみが掲載されます。

    今年は、日本を含め23カ国、500社の生産者(加工業者)が紹介されています。

  2. 本県の掲載会社名 HP掲載順(商品名は省略)
    • 株式会社オリーブ園(小豆島町) 89点
    • 小豆島ヘルシーランド株式会社(土庄町) 89点
    • 空井農園(小豆島町) 89点
    • 一般財団法人小豆島オリーブ公園(小豆島町) 88点
    • 株式会社ヤマヒサ(小豆島町) 88点
    • 東洋オリーブ株式会社(小豆島町) 85点
    • 金両(株) ※(小豆島町) 82点

    ※初掲載

  3. フロスオレイ世界オリーブオイルガイドブック
    この本は、オリーブオイル界では世界で最初の国際ガイドブックで、イタリア、スペインなど世界各国の最高級オイルが紹介されています。
    本年からは英語・イタリア語版に加え、中国語・イタリア語版が販売されています。
    生産者やオイルの特徴、相性の良い料理などが紹介され、世界各国の料理関係者や愛好家に愛読されています。
    全876ページで現地価格は40ユーロです。