かがわの県産品

かまぼこ

かまぼこ

旬の時期
年中
主な産地
高松市、観音寺市

香川のかまぼこは、明治時代中ごろより瀬戸内海で大量に捕れる小魚を原料に作り始められました。蒸し板や焼き板のほかにも、天ぷらや竹輪など多種多様です。風味豊かで歯ごたえが良く、魚の栄養分を手軽に美味しく取り入れることができるのも嬉しいところ。香川では特にうどんの具として食されることが多く、また結婚式の引き出物に用いられるなどまさに「讃岐の味」として愛用されています。地方色を盛り込んだひと味違うその製品は、四国各県はもとより京阪神方面にも広く出荷され、賞味されています。

  • まずはかまぼこ本来の味を楽しむため、そのまま頂きましょう。好みで醤油を付けたり、わさびや生姜を付けるもいいでしょう。天ぷら類はフライパンなどで素焼きすると風味が増します。野菜と一緒に煮込んだり、おでんの具材にしたり、和え物、炒め物、汁物などどんな料理にも合わせることが出来ます。

    Twitter Facebook LINE PLURK WeChat