イタリアスローフード協会味覚教育講師によるオリーブオイル講習会&ランチが開催されました

12月7日(日)にイタリアスローフード協会味覚教育講師によるオリーブオイル
講習会&ランチが開催されました。
小豆島産オリーブオイルフェアの一環として、オリーブオイルテイスターである
クリスティアーノ・デ・リカルディス氏を招き、オリーブオイルを学んで・食べて・
楽しむ行事が行われました。








◇イタリアスローフード協会味覚教育講師によるオリーブオイル講習会
イタリアスローフード協会味覚教育講師としてスローフード食科大学で講師を務め
られるクリスティアーノ・デ・リカルディス氏によるオリーブオイル講習です。
氏からは、まず、小豆島の魅力に触れられ、小豆島は日本のオリーブ業界のシンボルで、
そのパノラマ・ロケーション・雰囲気・生産者・料理人と揃った素晴らしい場所である。
生産されるオイルも毎年レベルアップしており、この先が楽しみな産地と紹介された。
オリーブの魅力は“畑からはじまる”ことなどに触れられ、4つのオイルのテイステイ
ングが行われました。
小豆島産のオイルにはアボガド、パッションフルーツの香りなどがあり、大変な仕事の
結果が現れていると評価され、参加された方々も興味津々にその味わいを確かめていました。









◇オリーブオイルと旬の小豆島の食材を楽しむランチビュッフェ
オリーブオイルの魅力が満喫できる6品。小豆島産エキストラバージンオイルの特徴が活かされた
料理として、「小豆島中山地区千枚田のお米とキノコのリゾット」。
イタリア産ブレンドオイルを使用した「讃岐夢豚のプロシュットコット金時人参と蜜柑のサラダ」、
「讃岐コーチンのインボルティーニ季節野菜のソテー」。
レモンフレーバーオイルにはタイラギ貝やマダコを使った「新漬けオリーブと魚介のマリネ」、
「菜花とブロッコリー 鰆カラスミのペンネ」、キウイ・香緑や富有柿の「ホワイトチョコ
レートとオリーブのケーキ季節のフルーツ添え」がマリアージュされ、オリーブオイルの
価値が一段と高まる行事となりました。














1月末まで、「小豆島産オリーブオイルフェア」を開催しております。