【4月27日レポート|笑顔咲く春の陽気GWマルシェ】

Posted on 5月 3, 2014 in 全ての記事, 記録
【4月27日レポート|笑顔咲く春の陽気GWマルシェ】

4月27日(日)、久しぶりにからっと晴れた週末に、サンポートにてさぬきマルシェは開催されました。

少し汗ばむくらいの陽気で、春らしさを体感できるようなすっきりした一日でした。

ゴールデンウイーク連休にもう入られた方もおられたようで、

たくさんのお客さんにご来場いただき、かなり盛り上がったマルシェの一日でした。

お越しいただきありがとうございました^^

あ!行こうと思っていたのに!という方でも大丈夫!

今週末に行われるさぬきマルシェはスペシャルなイベント!

瀬戸内記念マルシェとして5月4日(日)に行われます♪

01

こちらのPRはこの記事の最後にさせていただくということで、

ひとまず4月27日に開催されたマルシェの様子をお伝えさせていただきますね^^

突然ですが!

この通路に置かれた容器・・・。

何に使用するかわかりますか?

02

実はこの容器・・・

春をお届けするのにとても素敵な使い方をされました

どどん!

03

かわいいお花が浮かんだ、涼しい見た目のオブジェになりましたよー^^

04

他にも黄色いキンギョソウや赤いミニバラなど、いろんな種類のお花をもってきていただきました。

今週のさぬきマルシェもたくさんのお店が出店されていましたが、

みなさんお客さんとのおしゃべりもすごく楽しそうにされていました。

自分のお店の商品に自信があるからこそ、

にこにこと笑顔でお客さんにおすすめすることができるのですね☀

05

お客さんと濃く熱い話をされている帯包さん。

06

一番人気は、さぬきのいろんな乾燥野菜がはいっている

「味噌汁セット」と、「切干大根セット」だそうです!

身体に良いものばかりが入っていて、調理の時間短縮にもなる忙しい人の強い味方ですね♪

これらのセットやお漬物、季節野菜のカレーなど、みんな帯包さんのお母さんが作られているそうです。

お母さんは香川県で一番初めの女性起業者で、きりっとした、

でも優しそうな素敵な方です。

みなさんも帯包さん親子に会いに来ませんか^^?

08

帯包さんのお店の商品たち。

09

こちらは、「パティスリー スミダ」さん。

10

人気の商品は、香川県のお米「おいでまい」の米粉、

100パーセントレアシュガースウィート、

三木町の新鮮な鶏卵を使ったしっとりスポンジに国分寺のあんずを使ったクリームのロールケーキ。

国分寺のあんずは、ほかの地方に比べてひと月早く収穫できます。

しかも高品質なので、全国のケーキ屋さんから引っ張りだこなのです。

国分寺であんずの栽培が始まったのは、奈良時代716年。

今から約1300年前のことです。

唐に渡っていた遣唐使があんずの苗を持ち帰ったのが始まりだとされています。

栽培が始まったころのあんずは国分寺では種は薬とされ、実の部分は捨てられていました。

今考えると、もったいなく感じてしまいますよね。

現代になり、2008年にはあんず事業振興会が発足し、

国分寺の休耕地をあんず畑にしようという素敵な取り組みが始まっています。

あんずは花がすごくきれいなのだそうです。

桜が咲く10日前くらいに咲くため、春を先取りしたい方にはピッタリです。

来年の春はぜひ国分寺にあんずの花を見に訪れてみてくださいね^^

話し好きな住田さんのおはなしにはつい引き込まれてしまいます。

米粉を使ったお菓子を自在に作りだすことから、米粉のプロフェッショナルと呼ばれているそうです。

今年も6月にはたくさんのあんずが、国分寺で収穫されます。

パティスリー スミダさんのお店ではたくさんの加工商品が並ぶそうです。

ジャム、ソース、ダッフワーズ、ゴーフレット、マカロン、ケーキ・・・♪

今から6月が待ち遠しいですね^^

11

さて、次回5月4日(日)のさぬきマルシェは、ゴールデンウイーク特別版!

瀬戸内海国立公園指定80周年記念マルシェです☀

いつも以上にたくさんのお店が出店され、盛り上がること間違いなしです。

この週末はぜひ瀬戸内海の食を楽しみに、サンポートへお出かけしてみませんか?

(text 伊藤桃香)

Leave a Reply

Access | アクセス
Calendar | カレンダー