9月1日(日) 香川県のさしすせそ

9月1日(日) 香川県のさしすせそ

砂糖、塩、酢、醤油、味噌といった調味料が香川県内で作られています。瀬戸内の温暖で少雨という気候もあり、香川県は昔から「讃岐三白(砂糖・綿・塩)」といわれ、砂糖(和三盆)や塩の栽培が盛んでした。

きめ細やかで独特の風味を持つ和三盆は、現在でも東かがわ市で伝統的な製法によってつくられています。

また塩づくりの歴史は古く、島嶼部や沿岸部の遺跡から弥生時代の製塩土器が出土するほど、製塩が盛んでした。ミネラルをたくさん含む香川の塩は料理にもなじみます。

その塩があったことで醤油づくりも発展。小豆島を中心に香川県内に醤油蔵があり現在でも全国トップクラスの生産量を誇ります。

三豊(みとよ)市仁尾(にお)の仁尾酢、高松市仏生山(ぶっしょうざん)の吉の酢などの米酢を中心に、様々な地方で作られています。

味噌といえば白味噌。県内で作られる味噌の役8割が「白味噌」でやわらかな甘みを感じられる味わいです。

 

 

 

さぬきマルシェinサンポート「さしすせそマルシェ」

開催日時:2019年9月1日(日)10:00〜15:00 

開催場所:サンポート高松西川通路・多目的広場
※荒天の場合は、翌週8日(日)に延期となります。

Leave a Reply

Access | アクセス
Calendar | カレンダー