募集中!2月2日(日)味噌玉つくりワークショプ

Posted on 1月 18, 2020 in 全ての記事
募集中!2月2日(日)味噌玉つくりワークショプ

香川の食材や工芸が学べる「さぬきマルシェ・ワークショップ」。

2月はイヅツみその成澤徹さん、味噌ソムリエでもある辻清さんを先生に味噌玉つくりのワークショップを行います。

 

1食ぶんの味噌汁がお湯を注ぐだけで簡単に作れる味噌玉。

イヅツみその「白みそ」「田舎みそ」「料理みそ」「赤だしみそ」「中白みそ」の5種類から、具材は10種類から2種選んで味噌玉5個を完成させます。

具材はさぬきマルシェ の出店者の乾燥野菜などを準備しました。

とても簡単に作れるので小さなお子様でもご参加いただけます。

 

日時 :2020年2月2日(日)10:00〜随時(所要時間 約10分)

※先着50名様まで。

参加費: 500円 /5玉

場所 : サンポート高松シンボルタワー西側通路さぬきマルシェ会場内

申込先:当日、イヅツみそブースにて直接お申し込みください。

 

イヅツみそについて

 

香川県観音寺市豊浜町のイヅツみそは、創業昭和6年、約90年続く味噌蔵です。

創業当時から作り続けるのは、あん餅雑煮にも使用されている白みそ。香川を代表する白みそを製造し、さぬきの食文化を守り続けています。

白みそは甘酒と同じように麹の酵素がお米のデンプン質を糖化させることで甘みを引き出し、他の味噌よりも高い温度帯で短期間(3日間)で仕込むのが特徴。上品な甘みとまろやかさが際立つ味噌です。

イヅツみそには約50もの味噌桶が使われており、古いものは明治時代、100年以上使われたもの。杉の香りが移らないように、酒蔵で仕込み用に使われた桶をゆずり受け、修理しながら大切に使っています。

これらの桶では、じっくりと発酵させる豆味噌や赤味噌なども作られています。

お味噌の味わいの違いも楽しんでください。

Leave a Reply

Access | アクセス
Calendar | カレンダー