年明けうどん提供店情報

「年明けうどん」提供店情報

純白で清楚なうどんに〝紅〟を添えて、年の初めに食べることで その年の人々の幸せを願う 『年明けうどん』うどんの本場・香川県で『年明けうどん』 が食べられるお店をご紹介。

年明けうどんとは?

年明けうどんとは、純白で清楚なうどんに“”を添えて、年の初めに食べることにより、その年の人々の幸せを願うものです。

元旦から1月15日までに食べることで、家庭でも手軽に元旦のお祝いができます。

「純白のうどんに1点、新春を祝う『』を用いる」

白いうどんに紅い具材を添えることで、お正月に相応しい紅白のめでたいうどんになります。

紅い具材は、蒲鉾やえび天(練り物)、金時人参のかき揚げ、梅干、海老の天ぷらなどの
紅いものであれば、なんでも構いませんので、家庭で手軽に作って食べることができます。

「さぬきの年明けうどん」とは?

さぬきの年明けうどんとは、本場さぬきうどん協同組合が新たに開発した香川県の食文化を活かした年明けうどんの事。(紅いあん餅の入ったさぬきうどん)

香川のお雑煮といえば、白味噌・あんもち。

砂糖が貴重だった時代にお正月くらいは贅沢にとの先人の思いが込められたお雑煮です。

そんな『うどん県』の食文化を活かして、あんもち入りのさぬきうどんを開発しました。

「さぬきの年明けうどん」が食べられるお店はこちら

「要のヘルシー年明けうどん」とは?

要うどん県副知事が考案した、身体にやさしくヘルシーで、元気が出る逸品。
香川県産食材をふんだんに使用したあつあつのぶっかけうどんです。

「要のヘルシー年明けうどん」が食べられるお店はこちら

写真:「要のヘルシー年明けうどん」

材料(4人前)

  • うどん4玉
  • 金時にんじん100g
  • 自然薯200g
  • シラス100g
  • ねぎ60g
  • きざみ海苔10g
  • ぶっかけダシ480g
  • (お好みで使用)
  • しょうが40g
  • 大葉4枚
  •  
  •  
  •  
  •  
  1. 寸胴鍋にお湯を沸かし、うどんを茹で、どんぶりに盛りつけます。
  2. 厚さ3mmにスライスした金時にんじんをハート型と矢に型どり、うどんダシで煮込んで下味を付けます。
  3. 自然薯を二つに切り、ピーラーで摩り下ろす部分の皮をむき、すり鉢で摩り下ろします。ねぎは刻んでおきます。
  4. 違う鍋にぶっかけダシをいれ温めます。
  5. 茹でて盛り付けたうどんの上にシラスを盛り付け、摩り下ろした自然薯をたっぷりかけ、金時にんじんとぎざみ海苔をかざります。
    最後に温めておいたぶっかけダシを注ぎます。
    お好みで摩り下ろしたしょうがと大葉をのせお召し上がりください。

「要のヘルシー年明けうどん」使用食材

  • 金時にんじん

    金時にんじん

    鮮やかな赤色がまぶしい金時にんじんは、生産量日本一。上品な甘さと、柔らかい食感が特徴です。赤色が濃く、全体的に艶があるものが新鮮で、赤い色味はおせち料理や京料理で珍重されています。主な生産地は、坂出市と観音寺市の砂地地帯です。
  • 自然薯

    自然薯

    長いもなどと同じ山いもの一種。強い粘りと独特の風味が特徴で、香川では12月から1月にかけて出荷されます。たんぱく質、ビタミン、ミネラル等を多く含み、他のネバネバ食材同様、滋養強壮や疲労回復に効果があるとも言われます。主な産地は、東かがわ市、さぬき市、まんのう市です。
  • シラス

    シラス

    カタクチイワシの稚魚を新鮮なうちに釜揚げにしたのが「釜揚げしらす」、乾燥したのが「しらす干し」、さらに乾燥させたのが「上乾ちりめん」です。釜揚げしらすは、甘くてふんわりと柔らかな食感が特徴、しらす干し・上乾ちりめんは、乾燥度合いにもよりますが、噛めば噛むほど味が出るしっかりとした食感が特徴です。
  • 海苔

    海苔

    瀬戸内海のミネラルをたっぷり含んだノリは、「海の野菜」と呼ばれるくらい栄養満点です。中でも11月から12月に各産地で最初に摘み採られた初摘みノリは柔らかい歯ざわりと香り高い風味が際立ちます。