酒に合ううどん×うどんに合う酒酒に合ううどん×うどんに合う酒

うどんに合う酒

うどんや出汁に合うよう開発された3種類の日本酒。
香川県の名酒蔵である綾菊酒造・西野金陵・森國酒造の3蔵がそれぞれの技を活かして製造しました。

酒

【綾菊酒造】

酒

酒蔵は香川県の有形文化財に指定されており、一般見学を随時受付。

酒

創業以来、豊かな水に育まれた県産米にこだわり酒造りに取り組んでいる。

酒

昔ながらの水質が保たれた豊富な伏流水が酒造りの要となっている。

綾菊酒造


酒

寛政2年(1790年)創業。水源に恵まれた綾川の地で6つの酒蔵が集まり誕生して以来、地元の米と水にこだわり酒造りをしています。香川の酒米「さぬきよいまい」を100%使用し、山廃仕込みで仕上げたお酒は、うどん出汁に負けない、深みのある旨味が特徴です。

販売価格: 1,300円(税別)/720ml

【西野金陵】

酒

こんぴらさんの麓にあり、様々な銘柄の日本酒を販売。試飲も可能。

酒

創業当時のままを残した酒蔵や歴史資料館を備えた『金陵の郷』。

酒

酒造りの御神木である大楠は樹齢約900年。そびえ立つ姿はまさに圧巻。

西野金陵


酒

寛政元年(1789年)創業。江戸時代から“讃岐のこんぴら酒”と呼ばれ、『金刀比羅宮』の御神酒として、県内外から集まるこんぴら参りの方々に愛飲されています。うどん出汁の旨味に合うよう、酸味と香りを調整したお酒は、キレがあり、スッキリとした飲み口が特徴です。

販売価格:1,250円(税別)/720ml

【森國酒造】

酒

杜氏の個性が光る印象的なお酒が魅力。可愛いパッケージデザインにも注目。

酒

築70年の佃煮工場をリノベーション。店内は趣のある空間でカフェとして

酒

『森國ベーカリー』では、酒粕を使った独特な甘みのあるコッペパンを販売。

森國酒造


酒

平成17年(2005年)創業。瀬戸内海に浮かぶ島・小豆島唯一の酒蔵。作業はほぼ手作業で行い、杜氏の個性を活かしたお酒を製造しています。うどんを食べた後でも麹の香りが口の中に残り、旨味がしっかりのったお酒は、まろやかなコクがあり、特に女性に人気です。

販売価格:1,536円(税別)/720ml

【うどんに合う酒:菊池寛編】

讃岐の国で誕生した文豪・菊池寛。酒をこよなく愛した彼は、さぬきうどんも好物の1つでした。
うどんを食べながら酒を飲む…、これはまさに讃岐人の特権でないでしょうか。
また、古事記には、讃岐の国について飯依比古という米作りの神にちなむ記述があります。
古の時代から讃岐の地に連綿として受け継がれてきた酒造り。
香川住みます芸人の梶剛さんが『綾菊酒造』代表取締役・岸本健治さんに
「うどんに合う酒」のコンセプトについて尋ねた様子をご覧ください。

酒に合ううどん

酒
酒
酒
酒

「うどんに合う酒を考える会」が約半年間かけて生み出したこだわりのうどん。
讃岐うどんのために生まれた小麦「さぬきの夢」、特A評価の香川県産オリジナル米「おいでまい」、
県内の茶どころで作られた「香川茶」を使用した、まさに讃岐ならではの逸品です。

※一般財団法人日本穀物検定協会実施の「米の食味ランキング」(平成25年度、26年度、28年度)

【ざるうどん】

酒

【かけうどん】

酒

美しい緑色の細麺は、程良いコシと爽やかな風味が特徴。
「ざる」でも「かけ」でも美味しく頂けるので、お好みでお召し上がりください。

【酒に合ううどん:空海編】

讃岐の国で誕生した平安時代の偉人・空海。
空海が中国より真言密教とともに持ち帰ったのがうどんのはじまりと言われています。
古くから讃岐の地で愛され育まれたうどん作り。
香川住みます芸人の梶剛さんが『さぬき麺業』を訪れ、
代表取締役・香川政明さんに「酒に合ううどん」のコンセプトとうどん作りの極意を
尋ねた様子をご覧ください。

観光

様々な人が手を取り合い、ようやく完成した「酒に合ううどん」と「うどんに合う酒」。
県内の土産物店で購入できる他、
宿泊施設や料理店では試飲や食事を楽しむことができます。

酒に合ううどん販売店

【かがわ物産館 「栗林庵」】

酒
酒
高松市栗林町1-20-16
☎ 087-812-3155
営 9:00~17:30※閉館時間は栗林公園に準ずる
休 無休

【津田の松原SA(上り線)】

酒
酒
さぬき市津田町鶴羽935-5
0879-42-1777
営 (売店)7:00~22:00
休 無休

利き酒ができる宿泊施設
宿泊されるお客様には、ご要望に応じて「うどんに合う酒」の試飲を提供しています。

【喜代美山荘 花樹海】

酒 高松市西宝町3-5-10
087-861-5580
https://www.hanajyukai.jp

【ことひら温泉 琴参閣】

酒 仲多度郡琴平町685-11
0877-75-1000
http://www.kotosankaku.jp

【こんぴら温泉湯元 八千代】

酒 仲多度郡琴平町611
0877-75-3261
https://www.yachiyo.cc

【こんぴら温泉郷 つるや旅館】

酒 仲多度郡琴平町620
0877-75-3154
http://turuya-ryokan.com

うどんとお酒を楽しめる店

【くし京】

酒
酒 高松市福田町13-17
087-823-0308
営 17:00~22:00
休 土日祝

【観光:平賀源内編】

江戸時代の天才・平賀源内も讃岐の地で生まれた偉人の1人です。
科学者、浄瑠璃作家、画家、様々な顔を持ち、「土用の日に鰻の蒲焼きを食する」も彼の手によるもの。
うどんに合う酒のコピーを彼に尋ねることができたなら、きっと「うどんに合う酒でどうじゃ!」と答えたでしょう。
瀬戸内海と高松市内を一望できる『喜代美山荘 花樹海』では、
3種類の日本酒の利き酒ができると聞き、香川住みます芸人の梶剛さんが訪れました。
その他、「酒に合ううどん」と「うどんに合う酒」を楽しめるスポットの紹介をご覧ください。

酒
酒
酒
酒
酒
酒

〔企画〕
うどんに合う酒を考える会(さぬき飩呑会)
香川県内の8団体からなる
「うどんに合う酒を考える会」は、
全国からの観光客の皆様に香川県の食文化の魅力を
体感していただくために平成22年11月に誕生しました。

〔加盟団体〕
香川県ホテル旅館生活衛生同業組合、香川県農業協同組合、香川県酒造組合、香川県小売酒販組合連合会、
香川県製粉製麺協同組合、本場さぬきうどん協同組合、高松まちなかおもてなし推進協議会、香川県

■お問合せ先/うどんに合う酒を考える会
〒760-0021 香川県高松市西の丸町10-15 TEL.087-851-2661 FAX.087-851-2662