本文までスキップする場合はこちらから移動ください。

うどん県の県産品紹介ポータルサイト「LOVEさぬきさん」|香川・讃岐の特産品や生産者情報

うどん県の県産品紹介ポータルサイト LOVEさぬきさん

文字サイズを変更できます。
縮小
標準
拡大

県産品生産者・企業の方へ サイトマップ English/中文繁體

音声読上ブラウザに対応しています。

かがわの県産品一覧 さぬきの気候風土をゆりかごに"文化・歴史・伝統"を十分に活かした、香川を代表する県産品

オリーブ牛

オリーブ牛

讃岐牛の新ブランド オリーブ牛

全国屈指の品質を誇る讃岐牛に、香川だけの味を。そんな思いから誕生した「オリーブ牛」。100年を超えた歴史を誇る、香川県小豆島のオリーブと、瀬戸内の温暖な気候風土の中で古くから育まれてきた讃岐牛。2つの歴史とブランドが融合した、香川県だけのプレミアムな黒毛和牛。オリーブの搾り果実を与え育て上げた讃岐牛です。オリーブ牛の特徴は、コクがあり、さっぱりしていてやわらかく、しかもヘルシー。女性にもお子様にも優しい香川だけの味です。

美味しさの秘密
オリーブ牛の美味しさの秘密はオリーブに豊富に含まれるオレイン酸&抗酸化成分。オレイン酸により旨味が増し、抗酸化成分によりヘルシーに、そして徹底した品質へのこだわりがさらなるやわらかさを生み出しました。通常の肉料理はもちろんのこと、ローストビーフやサラダなどに活用することで、オリーブ牛の特徴は最大限に引き出されます。

オリーブ牛の誕生まで
オリーブ牛誕生までには、たくさんの高い壁があり、生産者の方々の苦労の連続でした。構想段階で、大きな課題となったのが、どのようにしてオリーブの搾り果実を与えるかという点です。はじめは、オリーブオイル搾油後の果実をそのまま与えてみましたが、牛は食べずに舌ですべてよけてしまいました。その後、試行錯誤を重ね、オリーブの渋みが原因ではないかと考えました。干し柿にヒントを得て、天日で乾燥させたものを試験的につくってみたところ、オリーブの糖分がカラメル風の香りを生み、牛が好んで食べたことから、牛の飼料として利用できることを発見。このように、餌ひとつにしても、様々な苦労と工夫が重なりあい、高品質のオリーブ牛誕生が実現しました。

生産者の声

生産者名 石井 正樹さん
団体名 小豆島畜産部会オリーブ牛 小豆農業普及センター
団体所在地 香川県小豆郡小豆島町池田2519-2
おすすめの食べ方 ステーキ、おでん、煮込み料理等
県内小売店 県下精肉店

「小豆島オリーブ牛」とは、小豆島産オリーブのしぼり粕を配合した特別なえさで育てられた牛のこと。出荷2ヶ月前から毎日200g以上オリーブのしぼり粕を与えた牛の中から、3等級以上のものが「小豆島オリーブ牛」として選ばれます。「肉が柔らかい。脂身部分も甘みがあり、しつこくない」と、食べた方から絶品と言われるほど。おすすめの食べ方は「ステーキ」や「牛スジ煮込み」なんだそう。今年から生産者も増え、 「オリーブ牛」の出荷量も増加の見込みです。柔らかく、旨味の強い肉を楽しんでみて。

オリーブ牛に関連する県産品一覧

バナー:旬彩館
「香川・愛媛せとうち旬彩館」
バナー:うどん県
「うどん県。それだけじゃない香川県」
バナー:うどん県旅ネット
観光情報はこちら
バナー:県産品パンフレット
県産品パンフレットはこちら

香川県庁