かがわの県産品 KAGAWA PREFECTURAL PRODUCTS

骨付鳥

骨付鳥

旬の時期
主な産地

香川県名物「骨付鳥」。
豪快な食べ方と、カリッとした食感、そしてジューシー&スパイシーな味わい。
香川ならではの食の醍醐味です!

  • 皮はパリっと、中はジューシー。

    骨付鳥の発祥地は、丸亀市。昭和27年、駅の近くに開業したとある居酒屋の創業者夫婦が、アメリカ映画の中で骨付鳥にかぶりつくシーンを見たことからはじまりました。大胆に、豪快に骨付鳥を頬張るシーンは、夫婦に衝撃を与え、「こんなご馳走をみんなに食べて欲しい!」と考え、骨付鳥の提供がはじまったとされています。スパイスをたっぷり効かせ、皮はパリパリ、中はジューシーに焼きあげたその味は、瞬く間に丸亀で評判となり、次々とメニューに取り入れるお店や専門店が誕生していきました。現在では、丸亀市にとどまらず県内全域で骨付鳥を提供するお店が生まれ、香川の代表的グルメへと成長しました。クリスマスになると、骨付鳥の専門店では行列がおこるなど、香川県に深く根付いたグルメとなっています。

  • 通好みの「おや」、誰もが楽しめる「ひな」。

    骨付鳥には大きく分けて2種類あります。「おやどり」か「ひなどり(わかどり)」。じっくりと年月を経てきた「おやどり」は、しっかりとした歯ごたえが魅力。噛めば噛むほど、濃厚な旨みが染み出す、まさに通の味。一方の「ひなどり」は、身がふっくらしていてやわらかく食べやすいのが魅力。誰もが抵抗なくかぶりつけ、ジューシーな肉汁があふれる味わいは、初めての人でも安心して楽しめます。どちらも、恥ずかしがらず、大胆にかぶりつくのが醍醐味。豪快に楽しめる香川の名物です。

  • 楽しみ方は人それぞれ。
    充実のサイドメニュー。

    骨付鳥を楽しむ方法は他にもたくさんあります。その一つが、鳥の美味しさを様々な味で楽しむサイドメニュー。鳥の皮をさっぱり酢の物にした「鳥酢」や、新鮮な素材の味を楽しむ「鳥刺し」、甘辛く煮込んだ鶏の「モツ煮込み」など、鳥の魅力を楽しみつくせます。そして、骨付鳥ならではの楽しみ方として、皿に残ったタレの有効活用があります。骨付鳥の専門店なら必ずメニューにある「おにぎり」と「キャベツ」。なんの味付けもしていないシンプルなこの2つのメニューは、皿に残ったタレを付けて食べます。鳥の旨みが染み込んだタレは絶品で、シンプルなおにぎりやキャベツがその魅力を十分に楽しませてくれます。

この県産品をシェア!

Twitter Facebook LINE