かがわの県産品 KAGAWA PREFECTURAL PRODUCTS

理平焼

旬の時期
主な産地

初代高松藩主松平頼重公が、京都の森島作兵衛という陶工を呼び寄せ、現在の栗林公園北門近くに窯を築いて作らせたのが始まりとされています。作兵衛は姓名を紀太理兵衛重利と改め、紫峰と号して製陶に従事しました。これから理兵衛焼と呼ばれるようになり、高松藩のお庭焼として代々受け継がれました。明治維新後は一般向けの窯となり、理兵衛を廃して理平と改めたので、以降は理平焼と呼ばれることとなりました。現在、第14代目が作陶しており、季節感にあふれ、郷土色豊かな絵付けがされた茶道具や花器が作られています。

    関連リンク

      この県産品をシェア!

      Twitter Facebook LINE