かがわの県産品 KAGAWA PREFECTURAL PRODUCTS

製綿・寝具

製綿・寝具

旬の時期
主な産地
三豊市、観音寺市

塩、砂糖とともに「讃岐三白」のひとつに数えられている綿栽培。江戸時代中期から当時の農家の副業として盛んに行われてきました。昭和40年代には、この綿づくりが基礎となり、付加価値を高めるために、縫製技術を導入し、寝具類の生産へと拡大していきました。現在では、ふとん、羽毛ふとん、綿製ふとんの出荷が多く、製品は関東方面に出荷されています。長い伝統の中で培われた確かな技術は、製品の品質の高さにより、証明されています。寝具の中でも、綿を使った寝具は何百年も日本人に愛されてきた馴染み深いものです。吸湿性、保温性、弾力性に優れた綿ならではの特徴に、やわらかい風合いやほっとするような触り心地など、時代を超えて人々に親しまれています。

      この県産品をシェア!

      Twitter Facebook LINE