LOVEさぬきさんリポート LOVE SANUKISAN REPORT

第24回 タコ

地域からニッポンを元気にする、よしもとの一大プロジェクト“あなたの町に住みますプロジェクト”。香川の住みます芸人“梶剛”さんが県産品をレポートしてくれます。

リポーター

うどんのように太く長く愛される芸人を目指しています!これからの梶剛に乞うご期待!

梶 剛(かじつよし)

NSC大阪校22期生
2005年ムーディ勝山と“勝山梶”結成
2008年ABCお笑い新人グランプリ新人賞
2010年ピン芸人“梶剛”として活動
出身地:香川県三豊市 1981年3月28日生まれ

活動をチェック!

夏から秋のマダコ、冬から春のイイダコ・・・香川県は年間を通じてタコの漁獲が多く、
田植えの時期には「半夏生のタコ」と言ってタコを食べる風習もあります。
総務省の家計調査では、高松市の家庭の過去の年間消費量が全国2位
(総務省家計調査、県庁所在地・政令指定都市での比較)になっているという”タコ好き県”なのです。
夏が旬の”讃岐のマダコ”を求めて梶さんが料理やさんに突撃〜

  • 讃岐のマダコは、どんな料理も合う~

    香川で獲れた旬のマダコ料理が食べられると聴いて、梶さんがやってきたのは丸亀市にある"さぬきダイニング認定店"ほくろ屋。
    店主・山田さんが、水槽で泳いでる見事な大ダコをさっそく調理してくれました。切り取った脚がなま板で暴れるほどの活きの良さ!
    皮を剥ぐと、真っ白な身が現れます。「これはウマそうやなぁ~」手際の良さに梶さんも目が離せません。

  • 身がプリプリして、甘~い

    出てきた料理は身の部分は刺身に、剥いだ皮と吸盤は素焼きに、脚先の部分はそのまま躍り食いと、いろんな味わいが楽しめる一皿。さっそく刺身を食べてみると「うわ!プリプリコリコリしてて、ほんまに甘い!」。
    瀬戸内のタコはワタリガニやエビなどを食べているため、身が甘いのだとか。
    店主・山田さんは「ニンニク効かせたオリーブオイルで炒めても美味しいですよ」とニコニコ顔。香川の郷土料理"いもタコ""タコ飯"など和風はもちろん、洋風・中華など多彩な料理に使えるのもタコの魅力です。

  • 男木島沖でタコ漁をリポート!

    タコ料理を堪能した梶さん、続いて男木島沖へ。瀬戸内国際芸術祭のアーティストにタコや竜をペイントされた"辰巳丸"に乗り込みます。船長の河原さんは、タコツボを使った"タコつぼなわ漁"の漁師。
    「タコは年中獲れるけど、特に夏はよく獲れる」のだそう。次々と引き上げられるツボから、どんどんとタコが現れます。1回に100個くらいのタコツボを沈めるのですが、どこに沈めたかは「島の形で覚えてる」と聴いて、梶さんビックリ!「さすが海の男は違うわぁ」。

  • 素早い!パワフル!

    ツボから出てきたタコを、漁師さんがひょいひょいと生け簀へ移すのをみて、やってみたくなった梶さんが、さっそくチャレンジ。でも獲れたてのタコはめちゃくちゃスピーディでチカラが強い!悪戦苦闘して、なんとかお手伝いできました。
    タコはタウリンが豊富で疲労回復にも効果があるとか。
    「タコ食べて疲れ取らんとアカンわぁ」。香川県産タコの活きの良さを身をもって体験した梶さんでした。

このリポートをシェア!

Twitter Facebook LINE
この県産品を詳しく見る 動画一覧

過去のリポート