LOVEさぬきさんリポート LOVE SANUKISAN REPORT

第63回 富有柿

地域からニッポンを元気にする、よしもとの一大プロジェクト“あなたの町に住みますプロジェクト”。香川の住みます芸人“梶剛”さんが県産品をレポートしてくれます。

リポーター

うどんのように太く長く愛される芸人を目指しています!これからの梶剛に乞うご期待!

梶 剛(かじつよし)

NSC大阪校22期生
2005年ムーディ勝山と“勝山梶”結成
2008年ABCお笑い新人グランプリ新人賞
2010年ピン芸人“梶剛”として活動
出身地:香川県三豊市 1981年3月28日生まれ

活動をチェック!

秋の味覚と言えば柿。中でも香川の富有柿は大きくておいしさもバツグン!地元の人たちに根強いファンが多く、知る人ぞ知る名産品です。
今回、梶さんは綾川町の富有柿農園にお邪魔しました。秋の朝もやの中、緑の葉のあいだから大きなオレンジ色の富有柿が見えています。

  • 富有柿の100年の歴史

    「今年は大収穫です」と柿農園の川岡さんが笑顔になるほど、緑の柿の木にたわわに実る富有柿。「たくさん実っていますね。しかも大きい!富有柿の栽培はいつ始まったんですか?」と聞く梶さんに、「今から100年ほど前に香川町に富有柿の苗木が入ってきたのが始まりです。このあたりの木が“百年(ひゃくねん)木(ぼく)”と言われているんですよ」と川岡さん。えっ!と思わず周りを見回す梶さんです。「長い歴史があるんですね。当時から作り方は変わってきたのでしょうか?」

  • 香川の富有柿の特徴

    「長い年月を経ていますが、栽培方法はシンプル。剪定して肥料をあげるだけですよ」と話す川岡さんですが、富有柿の実を見ると、よく手入れされた畑で愛情いっぱいに育てられていることが分かります。「香川の富有柿の特徴は?」と梶さんが聞くと「大玉で高品質、高糖度。食べ応えのある食感です」と川岡さん。「真心をこめて育てていますからね」と胸を張ります。

  • 富有柿の食べごろは?

    富有柿は10月の終わりから12月初旬に収穫しますが、川岡さんによると、最もおいしい時期は11月20日頃から12月。「日中の寒暖差が大きく、霜の降りる前が最高です」と顔をほころばせます。「農家さんはひとつひとつの柿の一番おいしい時期を狙って収穫されているんですね」と言う梶さんにうなずく川岡さん。「お店に並んだ時がいちばんおいしい状態なので、買ったらすぐに食べていただくのがベストです」と話してくれました。

  • 甘さとほどよいシャキシャキ感

    次に向かうはJA香川県綾歌南部集荷場。JA香川県の平田さんが自慢の富有柿を持ってきてくれました。「果汁も多く柔らかいですよ」との言葉にワクワクの梶さん、お味は?「甘い!噛んだ瞬間から甘いです!」。「すっきりした甘さなのでドンドンいけますよ」と平田さん。富有柿は県内のスーパーを中心に、一部は県外にも出荷されているそうです。取材時には贈答用の箱詰め作業も行われていました。「ギフトにはかなり喜ばれそう。県内はもちろん、県外の方にもぜひ食べてほしいですね」とすっかり富有柿ファンになった梶さんでした。

このリポートをシェア!

Twitter Facebook LINE
この県産品を詳しく見る 動画一覧

過去のリポート