LOVEさぬきさんリポート LOVE SANUKISAN REPORT

第10回 讃岐夢豚

地域からニッポンを元気にする、よしもとの一大プロジェクト“あなたの町に住みますプロジェクト”。香川の住みます芸人“梶剛”さんが県産品をレポートしてくれます。

リポーター

うどんのように太く長く愛される芸人を目指しています!これからの梶剛に乞うご期待!

梶 剛(かじつよし)

NSC大阪校22期生
2005年ムーディ勝山と“勝山梶”結成
2008年ABCお笑い新人グランプリ新人賞
2010年ピン芸人“梶剛”として活動
出身地:香川県三豊市 1981年3月28日生まれ

活動をチェック!

オリーブ牛で和田になっている”讃岐牛”、歯ごたえとコクのある地鶏”讃岐コーチン”、そして脂身に甘みがある”讃岐夢豚”。
この3つの香川県産ブランド肉を”讃岐三畜”と呼んでいます。
今回はその中の一つ”讃岐夢豚”を梶さんがリポート。食べまくりますよ〜

  • 広大な敷地内にある香川県畜産試験場

    まず訪れたのは木田郡三木町にある香川県畜産試験場。
    白山の中腹にあり緑に囲まれた場所にあります。
    ここでは牛、鶏、豚、山羊など数多くの家畜が飼育されています。
    家畜たちを病気から守るために梶さんもスタッフも完全防備!靴底まで消毒する念の入れようです。
    案内していただいたのは養豚担当の山下さん。
    “讃岐夢豚”の特長についてお伺いしました。

  • おっきい!讃岐夢豚の母豚にびっくり!

    “バークシャー種”(讃岐黒豚)を母に持ち、一般的な豚(約6ヶ月)よりも1ヶ月長い期間(約7ヶ月)かけて丹精を込めて育てられる“讃岐夢豚”。
    試験場では母豚を飼育し、農家へ販売しています。初めて見る母豚の大きさに、梶さんもびっくり!
    「真っ白で甘みのある脂身とコクがあって柔らかな肉質が特長です」。
    山下さんから説明を聴いた梶さんは、さっそく食べてみたくなったようです。

  • ステーキ、ハンバーグ…食べまくります!

    「讃岐夢豚をいつでも気軽に味わえる」と聞いて、さぬき市の前山ダム湖畔にある『ほしごえの里』にやってきた梶さん。
    ここは農家直営の豚肉専門レストラン、讃岐黒豚と讃岐夢豚だけを使うこだわりようです。
    店主の真鍋さんのお話を聞いている内に、梶さんは肉の柔らかさが楽しめる厚切りのステーキと、コクのある味わいが堪能できるハンバーグをダブルで注文!
    どちらもボリュームたっぷりなのに食べきれるのかな?

  • 後味すっきり。これが夢豚の旨さ

    「すっきりした後味なので、年配の方でもペロリと食べられますよ」。店主真鍋さんの言うとおり、スイスイと食べ進む梶さん。
    付け合わせのサラダやご飯のおいしさにも感動したようです。それもそのはず、ほしごえの里は野菜やお米も県内産を使っています。
    だから讃岐夢豚との相性も抜群なんですね。讃岐夢豚のハムやベーコン、ウインナー、ハンバーグといった加工品も充実。
    さっそくお土産に買って帰った梶さんでした。

このリポートをシェア!

Twitter Facebook LINE
この県産品を詳しく見る 動画一覧

過去のリポート