LOVEさぬきさんリポート LOVE SANUKISAN REPORT

第26回 さぬきエンジェルスイート

地域からニッポンを元気にする、よしもとの一大プロジェクト“あなたの町に住みますプロジェクト”。香川の住みます芸人“梶剛”さんが県産品をレポートしてくれます。

リポーター

うどんのように太く長く愛される芸人を目指しています!これからの梶剛に乞うご期待!

梶 剛(かじつよし)

NSC大阪校22期生
2005年ムーディ勝山と“勝山梶”結成
2008年ABCお笑い新人グランプリ新人賞
2010年ピン芸人“梶剛”として活動
出身地:香川県三豊市 1981年3月28日生まれ

活動をチェック!

”香緑” ”香粋” ”讃緑” ”さぬきゴールド”など香川県が誇る高品質なオリジナルキウイに、
この秋新たなキウイがデビュー!その名も、”さぬきエンジェルスイート”。
この新キウイを求めて、今回の梶さんは急斜面の畑へ突撃リポート。
いったい何が”エンジェル”で何が”スイート”なのか・・・梶さん、リポート頼みますよ!

  • 急斜面で育てられている、新キウイ。

    高松市の郊外、瀬戸内海を望む山にやってきた梶さん。ここにウワサの新キウイ、“さぬきエンジェルスイート”の畑があるとか。
    「しかし、すごい急な斜面やなぁ」。フウフウ言いながら昇っていくと、一面のキウイ畑が。ちょうど収穫作業中の南原さんが迎えてくれました。「“さぬきエンジェルスイート”は11月が旬。ちょうど今が最盛期なんですよ」。
    想像より大きなサイズのキウイが、あちらこちらに実っています。

  • 糖度平均19度!甘~い!

    「香川県が開発したオリジナル品種のキウイとしては5番目。今年の7月に品種登録されたばかりなんです」。その特長は、なんといっても糖度がとても高いこと。
    南原さんの畑で今年穫れたキウイは、なんと平均糖度が19度!「“さぬきエンジェルスイート”は他のキウイより枝が強くて、どんどん伸びるんです。この生命力の強さが甘さの秘密かも」。
    また育てた感覚では、香川県の気候にとても適しているとか。「さすが香川生まれのキウイやなぁ」。

  • 切ると中には赤い天使の輪が!

    糖度の高さが“スイート”としても、まだ“エンジェル”の謎が残っています。「それはですね、種の周りが赤くなっているんです」。
    “さぬきエンジェルスイート”を切ってみると、確かに中心部に赤い輪が!「これが天使の輪なんや」。見た目の美しさもさることながら、切ったとたんに良い香りがフワ~ンと。
    「スゴイ!めちゃ香るわ。爽やかなエエにおい!」。スプーンをお借りして、その場でさっそく試食です。

  • 甘くてジューシー。イガイガしない!

    スプーンで掬うと、たっぷりの果汁が。一口食べると…「あっまーい!」。しかも中心から皮のそばまで、どこの部分を食べても甘い!
    「酸味もあんまりしませんねぇ、…アレ?イガイガしない?」。実は“さぬきエンジェルスイート”ではイガイガの原因となる酵素が少ないため、他のキウイと違って食べてもイガイガしないのです。「これは子どもも大好きになるやろなぁ」。
    香川県産キウイの大型新人に、感心しきりの梶さんでした。

このリポートをシェア!

Twitter Facebook LINE
この県産品を詳しく見る 動画一覧

過去のリポート