かがわの県産品 KAGAWA PREFECTURAL PRODUCTS

ひまわり

旬の時期
6月
主な産地
三豊市、高松市

香川県は、切り花用のヒマワリが多く栽培されており、品種も約20を数えるまで増えました。主産地は三豊市で県下の約8割を占めています。三豊市では元来、冬から春にかけてマーガレットの栽培が盛んでしたが、夏場に作れる花としてヒマワリの栽培が広まりました。また、高松市でも栽培が増えています。

  • これまで、ヒマワリと言うと夏を代表する、大きくてしっかりとした花というイメージでしたが、最近では小さく、花粉が出ないよう品種改良したものが流通しています。中には花びらが茶色いものやオレンジ色のもの、花弁が多いものなど珍しい品種も。また、まんのう町仲南地区もヒマワリの産地として知られ、こちらでは採油用のヒマワリが作られています。

関連リンク

    この県産品をシェア!

    Twitter Facebook LINE