LOVEさぬきさんリポート LOVE SANUKISAN REPORT

第31回 希少糖

地域からニッポンを元気にする、よしもとの一大プロジェクト“あなたの町に住みますプロジェクト”。香川の住みます芸人“梶剛”さんが県産品をレポートしてくれます。

リポーター

うどんのように太く長く愛される芸人を目指しています!これからの梶剛に乞うご期待!

梶 剛(かじつよし)

NSC大阪校22期生
2005年ムーディ勝山と“勝山梶”結成
2008年ABCお笑い新人グランプリ新人賞
2010年ピン芸人“梶剛”として活動
出身地:香川県三豊市 1981年3月28日生まれ

活動をチェック!

最近、コンビニやスーパーでよく見かけるようになった希少糖含有シロップ入り商品。
雑誌やテレビ等でも注目され、話題沸騰中の希少糖は、実は香川県が深く関わっていた!
そもそも希少糖って何?なぜ香川県が?ムクムクと興味が湧いた梶さんが、渾身のリポート!

  • 自然界にほとんど存在しない希少糖。

    まず梶さんが向かったのは、希少糖を含有したシロップ“レアシュガースウィート”を開発・販売している株式会社レアスウィート。代表取締役近藤さんに希少糖について説明していただきました。「希少糖とは自然界にほんのわずかしか存在しない単糖(糖の最小単位)のことです。あまりに量が少ないためこれまで研究が進んでいなかったのですが、香川大学の何森(いずもり)教授(当時)が果糖から希少糖を作る酵素を持つ微生物を発見し、量産が可能になったのです」。その微生物はなんと香川大学農学部キャンパス内の土から採取されたとのこと。「ほんまに香川生まれなんやなぁ」、梶さんもビックリ。

  • 甘さがくどくなくて、後味あっさり。

    続いて梶さんは希少糖含有シロップを使った料理が食べられると聞いて、同じく高松市にあるさぬきダイニング認定店“アクアフォンテ”へ。オーナーシェフの山脇さん自らが調理した、オリーブ牛のハヤシライス、ミックスジュース、ティラミスをいただくことに。さっそくハヤシライスを食べてみると、とてもコクのある味わい。ミックスジュースやティラミスも、甘さがありながらスッキリとした後口。「どれもウマイわぁ~」。希少糖含有シロップを使うと、甘さがくどくなく、素材を活かした上品な味わいになるそうです。

  • ケーキがしっとりした仕上がりに。

    最後に訪れたのはJRホテルクレメント高松。ここではなんと、全てのケーキに希少糖含有シロップを使用!ここで案内していただいたのはパティシエの佐名さんとベーカリーショップの岩崎さん。香川大学からサンプル段階のものをもらい、試行錯誤を繰り返してケーキを作り上げたとか。今では県外からもお客さまが買いに来られるようになったそう。今度は梶さん、ケーキやプリンをパクパク!今回はよく食べますね~「ケーキのスポンジがしっとりしてる。甘さも後に残らんわ」。世界中の人々の暮らしを大きく変えるといわれる香川発の夢の糖“希少糖”の可能性をおなかいっぱい感じた梶さんでした。

このリポートをシェア!

Twitter Facebook LINE
この県産品を詳しく見る 動画一覧

過去のリポート