かがわの県産品 KAGAWA PREFECTURAL PRODUCTS

旬の時期
主な産地
坂出市、宇多津町

降雨量の少ない香川県では、古くから製塩が盛んに行われてきました。弥生時代中期には土器製塩の技術が確立し、備讃瀬戸地域における塩づくりの中心地であったと言われています。島嶼部や沿岸部の遺跡からは、海水を煮詰めて塩を作る際に使ったと思われる製塩土器が多数出土しています。瀬戸のあらじおは、一つ一つの粒が大きく、料理に使うと素材によくなじみます。瀬戸内海の海水を原料に、塩田時代の塩造りの技術を復活させて作った、昔懐かしい味の塩も販売されています。香川の「塩」は砂糖・木綿とともに「讃岐三白」と呼ばれ、ミネラルをたっぷり含んでいて、料理の隠し味に欠かせない存在です。香川県が醤油や味噌、そうめん、うどんなど塩を用いた加工品の産地として栄えたのは、製塩の地としての長い歴史があってのことと言えます。

  • 香川の「塩」は砂糖・木綿とともに「讃岐三白」と呼ばれ、ミネラルをたっぷり含んでいて、料理の隠し味に欠かせない存在です。香川県が醤油や味噌、そうめん、うどんなど塩を用いた加工品の産地として栄えたのは、製塩の地としての長い歴史があってのことと言えます。

    この県産品をシェア!

    Twitter Facebook LINE

    県産品事業者

    県産品一覧

    関連する県産品