かがわの県産品 KAGAWA PREFECTURAL PRODUCTS

ガザミ

ガザミの写真

全国の中でも瀬戸内海はワタリガニの最大の漁場で、高値で取引されています。香川で「カニ」といえば「ガザミ」(ワタリガニ)のこと。足の先がひれの形をしていて、海を泳ぎ渡るのでこの名があります。大きいものは甲の幅25cm程度、重さは1kg近くになり、一匹でも食べ応えは十分あります。また、稚ガニや通称「ふんどし」と呼ばれる複節の肢に卵を付けた母ガニは、漁業を規制することで守られています。

旬の時期
出回り時期 最盛期(旬の時期)
123456789101112
主な産地
備讃瀬戸
  • ガザミは水温が下がり、甲羅が硬くなって身が詰まる晩秋から春にかけてが旬。特にメスは、冬から春にかけて甲羅の中に内子が詰まるため、絶品です。塩ゆで、酢の物、鍋、味噌汁など、きゅっと締まったカニ身のみならず、カニミソも一緒に丸ごと旨味が味わえます。

この県産品をシェア!

Twitter Facebook LINE