かがわの県産品 KAGAWA PREFECTURAL PRODUCTS

オリーブマダイ

オリーブマダイの写真

旬の時期
10月11月
主な産地
東かがわ市、高松市

風光明媚な香川県沿岸・瀬戸内の海を揺かごにオリーブの葉粉末を与え育てた特別な真鯛。与えることにより明らかとなったのは、コラーゲンがより多く含まれること。
その結果が、歯ごたえを長時間維持し「新鮮な食感、熟成による旨味」ふたつの特徴を両立する可能性を秘めた真鯛の誕生。
これがさぬきの新しい真鯛「オリーブマダイ」です。

  • オリーブマダイの特徴

    オリーブマダイとは、香川県産の"オリーブの葉"を主原料(※)とした粉末を添加したエサを、出荷直前の給餌日において一定期間以上与えた養殖マダイのことをいいます。オリーブの葉には、ポリフェノールの一種「オレウロペイン」が豊富に含まれています。オリーブの葉粉末を添加したエサでマダイを飼育すると、コラーゲン含量が増加し、身の歯切れがよく、貯蔵後も歯切れの良さが維持されます。
    (※)香川県産60%以上、地中海沿岸産40%未満の葉を原料とする。

この県産品をシェア!

Twitter Facebook LINE
三谷 祐生さん
団体名株式会社長久
団体所在地東かがわ市坂元832-28
おすすめの食べ方刺身
県内小売店マルナカほか
オリーブマダイの一番の特徴は、なんといっても通常の養殖マダイよりも身のコラーゲンが多く、プリプリなのにスジが少なく柔らかい、その食感です。また、脂はのっているのにあっさりとした食味と臭みがない身肉が自慢です。ポリフェノールをたっぷり含むオリーブ葉の粉末を混ぜたエサを出荷前20日間以上与え育てることにより、健康で、本当に美味しいマダイとなります。食べ比べていただければ、その違いに驚かれると思いますよ。また、うちの生け簀は幅が12m四方、深さが15mあるので赤潮や水温の高低によるリスクを低減するとともに、身肉のしまったマダイが育ちます。全国の皆さんにぜひオリーブマダイの美味しさを知っていただきたいです。