かがわの県産品 KAGAWA PREFECTURAL PRODUCTS

たけのこ

たけのこ

旬の時期
3月4月5月
主な産地
まんのう町、三豊市

春の到来を告げる山の幸・たけのこ。原産地は中国江南地方ながら、日本の食文化に欠かせない存在として親しまれて来ました。前年の夏頃に土の中で大きく育ち、2月頃から地上に顔を出し始めます。市場に出回るのは3月下旬からです。香川産は、色が白く持ち重りがして、柔らかいのが身上です。多くが金比羅さんの近くでとれるため「こんぴらたけのこ」の名で知られています。

  • 新鮮なたけのこのはずっしりと重くハリがあり、皮にはビロードのような艶があります。店頭で買ったら、皮つきのまま水洗いし、米ヌカやトウガラシと茹でてアク抜きをしてください。アク抜きをしすぎると旨みもいっしょに抜けるので注意を。調理法としては、若竹煮や、たけのこごはんなどが一般的ですが、最近は炒め物やソテーにもよく使われます。香川ではよく、薄味に炊いたたけのこを天ぷらにして食べます。また、とったばかりの穂先を生のまま薄切りにし、しょうゆをつけていただく「たけのこの刺身」という食べ方もあります。

    この県産品をシェア!

    Twitter Facebook LINE
    宝山たけのこ部会部会長 大西久一さん
    団体名JA香川県財田大野支店
    団体所在地三豊市山本町大野460-2
    おすすめの食べ方天ぷら、タケノコ、塩漬け、酢漬け等
    県内小売店県下の小売店、県下の産直施設
    タケノコは3月中旬~5月上旬にかけて収穫され、4月ごろからスーパーなどの店頭に並び始めます。早出しのタケノコもあり、早い年では1月頃から店頭に出ることもあります。タケノコの種類は、99%が孟宗竹(モウソウタケ)で、残り1%は、真竹(マダケ)や淡竹(ハチク)です。三豊市でとれるタケノコは、白く柔らかで、えぐみも少なく、歯ごたえがあり、おいしいと定評があります。それは、土中にあるうちに掘り起こすため、えぐみの少ない若いタケノコが市場に提供できるからだそう。
    おいしいタケノコの見分け方は、タケノコの根元の色と赤芽の大きさの2点。根元の色がより白く、小豆色の赤芽が細かいものを選ぶのが良いそうです。 そんなタケノコを使ったおすすめ料理と言えば、タケノコの天ぷらです。タケノコの天ぷらは、言わずと知れた香川県で人気の郷土料理。甘く煮付けたタケノコの旨味、カラッと揚げられた天ぷらの香ばしい香りは、春の定番の味ともいえます。