かがわの県産品 KAGAWA PREFECTURAL PRODUCTS

早掘かんしょ

旬の時期
7月8月9月
主な産地
坂出市

さつまいもの最盛期は9~11月ですが、早掘りかんしょは6月下旬から出荷されます。皮の紅色の鮮やかさと、形のよさが特徴です。主な生産地は坂出市。瀬戸内の温暖で降雨量の少ない気候と、かつて盛んだった塩作りのための塩田跡の砂地は、かんしょ栽培に適しています。

  • さつまいもは、主食並みのエネルギー源として昔から重宝されてきました。ビタミンCやベータカロチンなどの栄養も豊富です。丸々と太った皮のきれいなもの、デコボコが小さいものが良質と言われます。焼き芋などのように少しずつ温度を上げると強い甘味が引き出され、電子レンジで加熱すると甘味は出にくいですが水分が蒸発してホクホクに仕上がります。最近では、サラダやコロッケ、チップスなど、じゃがいもで作るのが一般的だった料理にもさつまいもが進出しています。甘さを生かして、きんつば、パイなどのお菓子にしてもおいしくいただけます。

    この県産品をシェア!

    Twitter Facebook LINE
    株式会社小原農園 小原 克啓さん
    団体名香川県農業協同組合 綾坂地区営農センター園芸課
    団体所在地坂出市高屋町1086番地3
    おすすめの食べ方焼き芋、天ぷら、大学芋、味噌汁、煮物、スイートポテト
    県内小売店マルナカ、ゆめタウン、ハローズ等の県内小売店
    サツマイモと呼ばれることが多いかんしょは、焼き芋などのおやつや菓子の素材として、また、きんとん、煮物などの日本料理に利用されています。坂出市は県内でもかんしょの産地として有名で、その昔塩田として利用されていました。坂出市の塩田跡地にみられる目の粗い砂地は、かんしょ栽培にとても適しているのだそうです。 秋を旬とするかんしょを7月初めの早い時期に掘るので、「早掘りかんしょ」と呼ばれており、坂出市ではトンネル・マルチ栽培で栽培しています。 小原さんの栽培する「早掘りかんしょ」は、低農薬・低化学合成肥料を実践しており、安心で安全な食材として、学校給食に利用されている他、県内スーパーなどで販売されています。小原さんの「早掘りかんしょ」は、甘くておいしいと大変喜ばれています。