かがわの県産品 KAGAWA PREFECTURAL PRODUCTS

カキ

旬の時期
1月2月3月4月12月
主な産地
さぬき市鴨庄・志度、牟礼町、多度津町白方、詫間町

岩場などに生息する「カキ」ですが、現在は養殖物が主に扱われています。全国で見ると、広島、宮城、岡山などが有名ですが、香川も全国トップ10に入る有数なカキの産地です。カキの養殖は「種ガキ」をとることから始まります。3月に種ガキを付着させる付着器を海中に入れ、天然のプランクトンを食べてカキが成長していくのを待ちます。夏の産卵を越えた後、水温の低下とともにふっくらと身が詰まってきます。そして、いよいよ10月頃から出荷が開始されます。

  • 柔らかな身と特有の旨味は「海のミルク」と称され、栄養素も豊富に含まれています。家庭では鍋やフライにして食べるのが一般的ですが、牟礼町発祥の「カキ焼き」は、今や冬の風物詩。殻付きのカキを鉄板で豪快に焼き上げる食べ方は、県外からの観光客にも人気です。

    この県産品をシェア!

    Twitter Facebook LINE